TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 優しい同僚への恋心が募り、辛い

バツイチですが、一回りぐらい年下の職場の同僚が好きになり、最近、胸の内を告白しました。結果は、「仕事の上では尊敬していますが、お付き合いとなると難しい」とやんわり断られました。しかし、その話し方に、なるべく私を傷つけないようにという配慮が感じられ、ますます好きになってしまいました。毎日辛くて仕方がありません。
(H・Y、47歳、男性)

回答 相手の幸せを祈ることから自然に道が開けます

回答者:たか 義晴よしはる(生長の家地方講師)

 結論から言いますと、きっとよいようになると信じて待つことを勧めます。信じて待った結果、振られることもあるかもしれませんが、そのときは、いさぎよあきらめることです。
 相手の女性は、あなたに告白されて驚いているのかもしれませんし、すぐに受け入れられないだけなのかもしれません。また、その気はないけれど、傷つけたくないから優しく断ったのかもしれません。
 いずれにせよ、人には自由意志があり、その気持ちをじ曲げることはできません。しかし、自分の心を変えることはできます。ここは一つ、相手の幸せを祈りつつ、仕事に打ち込むなど自分をみがくことに専念してはいかがでしょう。
 縁というものは不思議なもので、どんなことがあってもまとまるべきものは自然にまとまるものです。私も、告白して振られた女性からしばらくして連絡があり、その後、お付き合いを始めて結婚に至りました。
『智慧と愛のメッセージ』(前生長の家総裁・谷口清超著、日本教文社刊)には、こう書かれています。

「『愛する』とは、相手に執着し、相手を自分の思い通りに動かそうとすることではない。相手が自分にだけ・・笑顔をみせ、関心を見せてくれるようにしむけることでもない。自分が相手に気づかれようが気づかれまいが、静かに相手の幸福を祈り、相手の素晴らしさを讃嘆し、相手の本当の力が出るように、蔭ながら援助し祈ることである」(181頁)

 人を好きになるということは、一大事ですから大いに悩むのもよく分かります。しかし、そんな時だからこそ執着を放ち、相手の幸せを祈ることが大切なのです。そうすれば必ず、自然にいい道が開けてくると思います。

このQ & Aは、『いのちの環』No.73に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲