TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 見知らぬ女性とのメール交換に夢中な夫に困っています

夫の携帯電話にはたくさんの女性の名前が載っていて、メールのやりとりをしています。1ヵ月前にその事で大喧嘩したのに、全然懲りずまたやっています。私の前でいい夫、いいパパを演じているときに限って、こっそりと見知らぬ女性とメール交換をしているのです。あまりにも頻繁にやっているので、こっそりと覗いたら、独身のふりして、嘘ばっかりのメールのやりとりをしています。私と1歳の子供との生活に不満を感じているのか、それとも別な女性と交際したくてやっているのか分かりません。夫のメールを覗く私も情けないのですが、どうしたら、夫のメールをやめさせることができるでしょうか。
(Y・K、24歳、女性、北海道)

回答 夫への感謝の気持ちをどれだけ現していますか

回答者:飯田 雅俊(生長の家本部講師補)
本当の相を見ることです

ご主人が自分を偽って複数の女性とメールをやりとりするというのは、あくまでもバーチャル(仮想現実)な世界の出来事であり、現実逃避をしている様に思えるのですが、なぜ、ご主人はそのような世界に喜びを感じるようになってしまったのでしょうか?
 まず、Yさん自身でも情けないと言われていましたが、ご主人の携帯電話やメールを覗く行為が気になりました。この行為の裏側にはご主人を疑う心があり、信頼していないことを証明しているからです。確かに見知らぬ女性とメールをするのがご主人の「本当の相(すがた)」ならば、疑う心が起こるのも当然です。
 しかし、そのようなご主人の相は本当のご主人ではなく、Yさんの心が反映してそう見えているだけであって、決して本当のご主人の相ではないのです。
 生長の家では“人間は皆、神の子であり、完全円満な素晴らしい存在である”と教えられています。ならば本当のご主人が悪いのでもなく、本当のYさん自身が悪いのでもない。ただ悪いのはYさんの疑う心と、ご主人の仮の相なのです。
 自身の疑う心を捨てて、本来神の子の素晴らしいご主人を見て、接することが大切です。悪いご主人の相のみを見て正そうとしても、それは決して叶わないことなのです。

家の中心は夫ですよ

次に私の心に引っかかったのは、「ご主人は寂しいと思っているのでは?」ということです。最も大切に思っている人(Yさん)からの愛情が感じられないとき、とても寂しいと感じ、その代用品として何かを求めることがあるものです。ご主人の場合、その代わりが他の女性とのメールだったのではないでしょうか。
 Yさんのお宅には1歳のお子さんがいらっしゃるようですが、いろいろと手が掛かる時期ですよね。母親と妻の役をしっかりとこなしていくのは大変なことです。とくに1歳のお子さんがいらっしゃるなら尚のことです。そのような時期、ついつい「子供、子供」と子供が一番になってしまってはいないでしょうか。食事や睡眠、休日の過ごし方と全てが子供中心に動くようになってしまっていないでしょうか。たとえ自分の子供とはいえ、愛する妻が常に「子供、子供」ではご主人は寂しいものです。
 世の中にはあからさまに自分の子供に焼き餅を焼くご主人や子供帰りをしてしまうご主人もいるくらいですから(笑)。Yさんのご主人も例外では無いと思いますよ。
 まだ一人では何も出来ない1歳の子供を一番に気にかけるのは当たり前に思うかもしれませんが、一家の中心はご主人なのです。そのご主人を常に後回しにして、何事も子供を一番にしていては、中心が中心として成り立たなくなります。要するに一家の大黒柱がふらふらとし始めるわけです。
 ここは互いの気持ちの問題であり、愛情表現の問題なのです。一家の中心であるご主人を立てて、家族のために一所懸命に働いてくれていることへの感謝の気持ちを積極的に表現して参りましょう。一番大切な人から愛され、感謝されていることを感じることができたならば、メールなんてバーチャルな世界には自然と興味を持たなくなっていくのは必然です。さあ、今日から、今から、すぐ実践です!

 

このQ & Aは、『理想世界』平成15年6月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲