TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 暴力を振るう夫にこのまま我慢するべきか

結婚3年目になり、1歳の子供が一人います。夫は短気な性格で私と意見が違うとすぐに大きな声を出し好き勝手なことを言ってきます。いつも夫の言動にガマンしてきましたが、ある日、夫の「誰に食わせてもらってると思っているんだ!」という一言がカチンときました。夫は私のことを自分の「所有物」としてしか見ていないのです。それ以来、私も夫を見る目が変わってきました。最近、夫は自分の思いどおりにならないと、カーッときて最後は私に暴力を振るうことがあります。今は大きな暴力じゃないので我慢していますが、これがエスカレートしていったらと思うと、恐ろしくなります。このままそんな夫の態度に我慢すべきかどうか悩んでいます。
(N・F、29歳、主婦、山口県)

回答 夫の中にある良い点をあなたの愛で認めましょう

回答者:久保 慶蔵(生長の家本部講師)
二人が結婚したことを喜んでいるでしょうか

「結婚して3年目になり、1歳の子供がいますが、夫は短気な性格ですぐ大きな声を出す」とありますが、本当なら今が幸せの絶頂の時だと思うのです。夫婦はお互いに性格が違ったり、また意見の相違が生活の中ではよくあるものです。
 それを補い合い、助け合って、お互いの良い点を見出して認め合ってゆくのが、夫婦の本来の姿なのです。二人が縁あって結婚して、そして可愛い子供にも恵まれ“私たち夫婦は有難い”と、まず、あなたは今喜ぶことが大切だと思います。
「夫の言動にいつもガマンしてきた」とあなたは言われますが、この「ガマンしてきた」という心の底には、夫を責めているもう一つの心が潜んでいるのです。そのあなたの夫に対する心の反映が夫の言動となって、あなたに向けて現われてきているのです。
 たとえ、夫の大きな声があっても、それをあなたが広い心で赦して素直な心で受け止めるよう努力してほしいのです。“夫は私を愛すればこそ言ってくれている”とやわらかく受け、あなたも夫に対して心から愛しているということを言葉や、表情で現わす努力をするならば、人間には誰にも本来良い点があるのできっと、あなたの心次第で夫さまの方も良き変化となって現われるのです。

この世には認めたものが現われるという法則がある

「夫の一言がカチンときた、夫は私を自分の所有物としか見ていない」とありますが、それは妻であるあなたがそのように自分で思い込んでしまっているところがあると思います。自分の尺度だけで判断しないことです。
 夫さまは妻であるあなたを愛しているから時には大きな声ともなるのです。男というものはうまく言葉を表現することが下手なところがあるのです。夫の大きな声、言動の裏には妻であるあなたに“もっとこうしてほしい”“もっと優しくしてほしい”という思いが潜んでいることを知ることが大切なのです。
 あなたはまた「それ以来夫を見る目が変ってきた」と言っています。夫を責めることが以前より強くなったのですね。そのあなたの心の思いの反動が、夫の暴力ともなって現われていると思われませんか。この世には“心の法則”と言うのがあって、その人の心の通りが現われるのです。
 良いことを思えば、良いことが現われ、悪いことを思っていると悪が現われるのです。これは「原因結果」の法則でそうなるのです。この法則から人は逃れることは出来ないのです。だから“夫は本当は良い人なんだ”とあなたが認めることです。私が夫に対しての見方が間違っていたのだ、と素直に反省することで、あなたの妻としての人生が素晴しいものに変りますので何も心配ないのです。

明るい表情と明るい言葉で夫さまに接して下さい

「今は大きな暴力ではないので我慢している」とありますが、この我慢がよくないのです。我慢はいつかまた現われることになります。だから、夫に対して何事も、明るく、やわらかく受け入れること、これを毎日の生活で努力されるなら必ず良き結果が現われます。私にも嫁いだ娘があって2歳の子供をもっていますが、夫である主人とよく話し合っています。何事でも夫を立てて“あなたこれどうしましょう”と優しく尋ねるようにして、いつも夫との一体感で生活しています。“夫婦は合わせ鏡だ”と言われています。お互いに良い点を表現し合って、かけがえのない人と結ばれ、子供にも恵まれたことを喜んで明るい毎日を送って下さることを願っています。

(生長の家京都第二教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成15年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲