TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 子どもを授からず、主人がつらく当たります

私は婦人科系の病気があり、医師からは妊娠は無理だと言われています。主人は子どもが出来ないことを不満に思うのか、私につらく当たります。私は好きでそういう病気になったのではないのに、主人からつらく当たられると、やるせない気持ちになります。世の中には、子どもがいなくても円満に過ごしている夫婦もいると思うのですが……。私は四十歳を過ぎていますし、子どもは難しいと思います。この先、どのようにしたら、主人と円満に過ごしていけるでしょうか。
(A子、42歳)

回答

回答者:榎本 一子(生長の家本部講師補)

ご質問承りました。あなたが好き好んでお子さんを生まないのではなく、身体的理由によるものなのに、ご主人からつらく当たられるということですが、お子さんが出来ないことが、あなたにつらく当たる理由ではないと思います。男性が最も幸福を感じ、人生を楽しく機嫌良く生きられる秘訣は、妻であるあなたが、幸福そうにしている姿を見ることなのです。
 『生命の實相』第29巻女性教育篇には、「男性が本当に幸福であるためには、女性が本当に幸福でなければなりません」「幸福な心の人のそばにいれば、その人はなんとなく幸福な感じがするのです。(中略)妻たる女性が心にかなでる音楽が幸福なメロディーをひびかせることがぜひ必要です」とあり、さらに「男性は女性が幸福になってくれたら幸福になれるのです。男性というものは女性の幸福の表情が見たいのです」と書かれています。(47~48ページ)
 ご主人はあなたが幸福そうでないから楽しくないのです。「自分は、たった一人の愛する妻さえも幸福に出来ない不甲斐ない男だ」とご自分を責める気持ちになって、かえってあなたにつらく当るという態度になってしまうのです。
 お子様はいらっしゃらなくとも、結婚できたことを喜び、子どもがいなくとも味わえる喜びをたくさん発見して、幸せの表情でご主人のお顔を見るようになさったら、ご主人はそういうあなたを見て幸福になれるのです。
 あなたが「子どもが生まれないために不幸だ」という思いを無くされたとき、ご主人はあなたとの生活に満足し、あなたに優しく接して下さるようになります。ないものねだりの心は、周りを不幸にします。すでに与えられていることに感謝する日時計主義の生活から、本当の幸福が実感でき、円満な結婚生活が展開してきます。

このQ & Aは、『白鳩』No.37に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲