TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 育児に口を出す母。どう意見したら?

近所に住む母が、何かにつけ3歳になる私の息子の育児に口を出してきます。着るものから食べるもの、しつけに至るまでうるさいと言ったらありません。妻も閉口して私に「なんとかしてくれ」と泣きついてきますが、いくら言っても聞き耳を持たず、「○○ちゃんのためなんだから」の一点張り。どう意見したらいいでしょうか。
(S・S、30歳、男性)

回答 お母さんと話し合い調和した家族になってください。

回答者:多湖 周子(生長の家本部講師)

結論から言いますと、すべての人は“神の子”であり、神は無限に完全なる愛ですから、あなたの中には、すべての人を神の子として愛する“神の愛”が宿っているのです。もちろん、お母さんや奥さんにも“神の愛”が宿っています。まず、そのことを覚えておいてください。
 お母さんの時代と今の時代では、育児法も往々にして違っています。私にも3歳半の孫がいますが、離乳食のやり方なども、私が子育てをしていた頃とは全然違うので、娘によく叱られたりします。また、着る服も遊び道具も、私の頃とは違います。  私の家には犬が2匹いますが、犬たちの食べ物でも昔とは全く違いますね。私が子供の頃、飼っていた犬には、それが愛情だと思って人間と同じ食べ物をあげていましたが、そのせいかどうか、犬の寿命は5年くらいでした。それから研究が進んで、味の濃く、塩分の多い食べ物やお菓子類はあげず、ドッグフードで育てるようになると、15年〜20年近く生きる犬が沢山出てきました。
 このように、本当の愛情とはなかなか難しいものですから、お母さんと、何が子供のためになるのかをしっかり話し合うべきだと思います。
 その場合も、どう説得するかなどと、お母さんの意見を初めから否定しないで、お母さんの本音はどこにあるのか、お母さんは、子供の将来にどのような期待をしているのか、きちんと胸の内を聞いてあげてください。その上で、あなた方夫婦が考える子育てのあり方についても話したらよいと思います。
 どっちがいいとか、悪いとかと決めつけるようなことはせず、お互いの気持ちに折り合いをつけるのが良いのですが、なかなかそううまくいかず、こじれてしまうこともあるかもしれません。しかし、時間が経つと、「ちょっと言い過ぎたかな」とか、「こんなふうに言ったらよかったかな」とか、自分の言動や態度を振り返ることができるようになりますから、やっぱり話し合うことが大切なんですね。
 親子でも夫婦でも、ちょっとした思いやりのコトバで心がうるおうものです。冒頭に言いましたように、すべての人は神の子であり、“神の愛”が宿っていますから、親子、夫婦で、思いやりのある言葉を交わし、お互いに認め合い、調和した家族になることが、結局、一番子供さんのためになるのだと思います。

(生長の家埼玉教区教化部長)

このQ & Aは、『いのちの環』No.40に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲