TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 再婚相手に娘が反対。どうしたらいいでしょう?

8年前に妻を亡くしましたが、3人いる娘を無事嫁がせました。そんなとき、再婚したいと思う女性が現れました。5歳年下、バツイチで子供はいない人です。とても真面目で、結婚したら、娘たちにも優しくしてくれると思える人です。しかし、娘たちが反対するのです。どうしたら娘たちの了解が得られるでしょうか。
(F・N、56歳、男性)

回答 娘さんの幸せを祈り、感謝と讃嘆の言葉をかけて下さい。

回答者:井下 昌典(生長の家本部講師)

3人の娘さんたちを無事嫁がせたとのことですが、その結婚前後には様々な問題などもあり、苦労もされたのではないかと想像します。しかし、亡くなられた奥様の、この世に残した大切な家族の幸せを願う霊界からのサポートもあって、乗り越えられたのだと思います。
 さて、5歳年下の女性との再婚を娘さんたちに反対されているとのことですが、なぜ、娘さんたちは反対するのでしょう? 「父親が一人で生活するより、だれか側でお世話してくれる人がいるほうが安心だ」と言う子供たちの話はよく聞きます。ですから、今後のことを考えると、仕事や子育てで忙しいであろう娘さんたちにとっては、なおさら父親が再婚した方が色々な面で良いと思うのですが、それでも反対する理由はなんでしょうか。
 気になるのは、娘さんたちが、自分たちを生み育ててくれた母への想いが整理できているのかということです。想いが整理されているというのは、母親を失った際に感じた辛さ、苦しさ、悲しさなどを放し、ゆるして、感謝の気持ちに置き換わっているということです。
 「赦しと感謝はすべてをやす」と生長の家では説いています。そして、そのような心境になるために、「日時計主義の生き方」を実践するよう推奨しています。これは、常に人や物事の光明面のみを見る生き方で、たとえ自分にとって不都合な出来事が起こっても、それを肯定的に受け止めるということです。
 もし、娘さんたちの心の整理がついていないなら、ぜひ、上記のことを勧めてあげて下さい。
 それから、父親の役割としては、人生の先輩として、子供たちに自分の生き方を見せていくということがあります。俗に「子供は親の背中を見て育つ」と言いますが、親が子供に背中を見せるには、しっかりと前を向いていなければなりません。
 ですから、父親であるあなたが、まず「日時計主義の生き方」を実践して下さい。再婚に反対する娘さんたちの気持ちを変えさせ、理解してもらおうというのではなく、いつも、娘さんたち家族の幸せを祈り、讃嘆や感謝の言葉をかけるようにしたらよいのです。
 娘さんたちも、それぞれ「幸せな人生」の実現を目指しているわけですから、いずれ、父親のあなたが幸せになることに理解を示し、応援してくれるようになると思います。

(生長の家函館教区教化部長)

このQ & Aは、『いのちの環』No.41に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲