TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 主人の給料が少ないことに悩んでいます

バイクショップに勤める主人は、毎晩遅くまで残業し、家にも仕事を持ち帰り、週一日の休日にも仕事をすることがあるのに、給料は手取りで十万円を越えるほどしかありません。今までは共働きでしたが、私は最近出産して働けず、同居する主人の実家にお金を入れ、主人に小遣いを渡すと、一万円しか残らないのです。主人は「景気が悪いから仕方がない、給料を上げてもらうことはできない」と言い、今の仕事を気に入っているらしく、仕事を変える気はないようで、主人とこの話をすると、いつも言い争いになってしまいます。これから子どもも増え、お金が掛かるようになります。どうすれば良いのか困っています。
(A子、34歳)

回答

回答者:安藤 とし子(生長の家本部講師)

私の若い頃の体験がお役に立てば幸いです。私たち夫婦は結婚五年目にマイホームを建てました。ところが、住宅ローンを返済し始めた矢先、主人の収入が会社の都合で大幅に減り、以後、給料は上げないと言われたのです。生活費はわずかしかなく、三人の幼子を抱え、不安で鳥肌が立ちました。
 私はその数年前から生長の家の「人間・神の子」の教えを学んでいましたが、心の中で主人を責めていました。すると、長女と私が喘息ぜんそくの発作を起こすようになったのです。地方講師から「もっと神様に心を振り向けなさい。ご主人を拝み、感謝しなさい。徳積みを続けなさい」との指導を受け、「神様はすべてを生かし、幸せになるように導いて下さっている! わが家は必ず善くなる! まずは実践しよう」と決意したのです。そして和顔わがん愛語あいご、讃嘆で、すでに与えられている恵みに感謝する日時計主義の生き方を始めました。
 「神様、ご先祖様、今月もこのお金で、豊かに生活させていただきます」と感謝していると、充分に豊かな生活費だと思えるのです。主人が働いてくれることが尊くて、感謝して使わせていただきました。必要なものは、無限供給の源である神様に「○○がすでに与えられました、ありがとうございます」と祈り、人のために愛を尽していると、本当に与えられました。五年ほどたって、「私の幸せ、あなたのおかげ!」と主人に感謝し、調和できた時、主人が会社を設立し、順調に業績も伸びて、健康も豊かさも実現。家庭が天国になりました。
 調和と感謝から、善きものや豊かさが与えられます。真面目で仕事熱心で、会社に尽くされているご主人は、将来きっと努力がむくわれることでしょう。今は愛語と感謝のコトバで、ご主人を温かく応援してあげて下さい。

このQ & Aは、『白鳩』No.42に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲