TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 親をうとましがる次男の態度に悲しくなります

就職のための新居探しなどで、県外の大学に通う次男に夫婦で会いにいきましたが、次男は用事が済んだら早く帰ってという感じで、お父さんとお母さんに時間をとられる、話が面白くない、親に会うのが楽しいような家にして、と言います。次男の話を聞いて悲しくなりました。家族というものをどう伝えれば良いでしょうか。
(A子、52歳)

回答

回答者:畑山 和彦(生長の家本部講師補)

次男さんにうとましがられるのは、さぞ悲しいこととお察しいたします。でも、安心して下さい。どのような問題でも必ず解決しますし、その問題が解決した時、それ以前よりも魂が成長しているものです。今の次男さんの問題もあなたを成長させてくれるものですから、この問題に感謝することが、解決の第一歩となります。
 まず、次男さんはこれから就職をされるということですから、親が一人前の人間として認めてあげるとともに、次男さんには次男さんの世界があることを理解してあげて下さい。
 そして、次男さんがどのような態度を示そうが、生長の家の「人間は神の子」「実相は完全円満」という真理を信じて、次男さんの実相を観る努力を続けることです。それと同時に、あなたも自分自身の実相を観る努力を続けて下さい。
 この世界には、心で強く思い描いたことが現実となって現れる「心の法則」が働いていますから、まず自分自身の心をよく見つめることから始めて下さい。次男さんが疎ましい態度を取るので悲しいという気持ちを認め、次に次男さんの態度が変わり、良好な親子関係に戻れたら良いなと素直に思うことです。その上で、次男さんは神の子であり、すでに完全円満であると信じて、その実相を観る努力を続けるのです。
 そのためには『日時計日記』に次男さんの良いところや感謝の言葉を毎日書くことをお勧めします。最後に、神様に全てをお任せしましょう。一番良い時期に明るく楽しい家庭になることを信じて、神様にゆだねるのです。
 どんな状況であっても、お母さんが明るく楽しい家庭の雰囲気を作ることが大切です。
 次男さんが家族の一員であり、あなたを選んで生まれて来て、あなたが次男さんの母親であったのは大変有難いことです。そのことへの感謝も忘れないで下さい。

このQ & Aは、『白鳩』No.52に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲