TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 夫が不倫。どうしたら?

結婚9年、一児の母です。夫が家庭を持つ女性と浮気し、堕胎までさせていたことを知りました。なぜ?と、夫を責める気持ちと、私にも何か足りないところがあったのか、と自分を顧みてもいます。主人は一人で問題を解決し、やり直したいようですが、どうしたらいいか悩んでいます。
(Y・O、35歳、女性)

回答 無駄なことは何一つありません。必ず善い解決策が生まれます

回答者:林 光子(生長の家本部講師)

ご主人が家庭を持つ女性と浮気し、妊娠までさせたとのこと、ご心痛いかばかりかとお察しいたします。
 問題が問題だけに、別れたほうがいい、別れないほうがいいとは一概には言えません。答えを出す前に、ご主人と結婚しようとした時に、もう一度、立ち返ってみてはいかがかと思います。
 あなたは、ご主人と、どんな気持ちで結婚されたのでしょうか。好きだったから? それとも愛していたから?
 生長の家では、「好き」と「愛」との違いについて、次のように説きます。

「愛はもっと包容的なものであって、『好き嫌い』の好き・・ではない。(中略)愛は欠点を見ないし、欠点があってもかえって愛する。欠点があるからとて嫌いになるのは愛ではない。(中略)自分の都合のよいのを愛するのは、好き嫌いに過ぎません」(『新版 幸福生活論』34頁)

「私にも何か足りないところがあったのかしら」と顧みるあなたは、とても心の優しい人です。夫婦は“合わせ鏡”のようなものですから、どちらかが一方的に悪かったり、善かったりすることはありません。善くも悪くも、お互いに影響し合っているのが夫婦なのです。ですから決してご主人を恨むことなく、これまで、妻として夫にどういう態度で接していたのか、胸に手をあてて考えてみてください。
 人生に無駄なことは何一つありません。「私はこの経験を通して、一層、深い愛のあり方を学ばせてもらっている」という思いを持ち、あなたとご主人、そしてご主人の相手の女性が、それぞれ幸せに生きることができる道を探ってみてください。そこから、別れるにしても別れないにしても、もっとも善い解決策が生まれると思います。

このQ & Aは、『いのちの環』No.53に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲