TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 父や母のお金を盗る妹。兄としてどうしたら?

フリーターの30歳の妹は、母親から高額のお金を盗んだり、父親の財布からもお金を抜き取ったりしています。どうやらパチスロなどのギャンブルに使っているようですが、両親は甘いというか、どうでもいいようで、見て見ぬふりをしています。妹になんとか更生してもらいたいのですが、兄としてどうしたらいいでしょうか。
(H・O、35歳、男性)

回答 お金は“愛情の象徴”。家族で温かい言葉をかけて下さい

回答者:岡本 光生(生長の家本部講師)

 妹さんにどのように対応すればよいかとのことですが、その前に、まず、人間は何の目的で生きているのかというその意味、またあなたが、ご両親や妹さんと同じ家族の一員として巡り合わせた縁について考えてみましょう。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、『神真理を告げ給う』で、こう書かれています。「あなた達に与えられている環境、境遇、家族、同居者、同僚、目上、目下、いろいろの接触する団体、ことごとくあなたたちの魂の向上するために必要な要件として、すべてある意義をもって与えられているのである」(53頁)
 このように妹さんの問題も、あなたや家族一人ひとりの魂の向上に必要な課題として与えられているのです。ですから、妹さんをよくしてやろうというのではなく、妹さんから学ぶことはなんだろうかと、考え方を変えることが大切です。
 また、お金は“愛情の象徴”であると言われます。その意味で妹さんの盗癖、浪費癖は、愛情不足の現れであり、妹さんはきっと「自分は親や家族に愛されていない」「自分はいてもいなくてもいい存在だ」と考えているに違いありません。そんな満たされない思いがあるから、親のお金を盗み、ギャンブルで浪費してしまうのです。
 妹さんは30歳ではありますが、決して遅くはありません。ご両親ともよく話し合った上で、責めるのではなく、折に触れて、家族みんなが心配していること、家族の掛け替えのない存在であることなど、温かい言葉を妹さんにかけてあげて下さい。
 人間は皆素晴らしい神の子ですから、家族の讃嘆の言葉によって、妹さんは神の子である本来の姿を現し、盗癖やギャンブルは自然に止むものと思います。

このQ & Aは、『いのちの環』No.77に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲