TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 主人のパチスロ通いをやめさせたい

主人がパチスロにのめり込んで借金を作ってしまいました。私が熱を出して寝込んでいてもパチスロに出かけています。「お金が貯まらないからやめて」というと「分かった」とその場では言いますが、その後も嘘をついて行っています。借金返済が毎月あって小遣いはゼロのはずなのに、週に何回も出かけます。「もう借金してまではやらない」「そろそろやめなくちゃ」と主人は言っているのですが、現状がこうなので不安です。どうしたら良いのでしょうか。
(K・T、27歳、女性、岡山県)

回答 夫を尊敬し、感謝して、拝める心境になった時、夫は妻の愛を感じ、ギャンブル依存は直ります。

回答者:小蔵 達也(生長の家本部講師補)

ご主人の姿形がどんなにふうに現われていても、人間は皆、神の子です。パスチロにのめり込んで借金を作るご主人なんか、神の世界にはいません。なぜなら神様は悪いものを創造(つく)らないからです。ご主人が悪い姿に現われているのは、そのようにさせているものがあるからなのです。
 あなたは、ご主人と結婚したことを喜んでおられないのではないでしょうか。それを心の底で抑えているのではないでしょうか。その愛の足りない心がご主人に賭けごとにのめり込ませているのです。どうしても、あなたの心に勝つことが出来ない(愛を得ることが出来ない)。その勝ちたい思いが、賭けごとに向けさせているのです。
 しかし、ご安心下さい。あなたはきっと幸せになります。女性がご主人を頼りなく感じて尊敬できず、見下したり、押さえつけていると、ろくなことが起こって来ませんが、その逆をすれば、必ず良いことばかりが起こってきます。

陰陽の法則を知る

この世界は、陰陽の法則に基づいて動いています。大きなものでは、天体の運行から、小さいものでは電子に至るまで、すべて一つの法則に従って動いています。天体は、太陽系では太陽を中心として、その周囲を沢山の惑星が運行しています。また電子でも陽電気の性質を帯びる原子核を中心に陰電子がまわっています。全て陽が中心で陰が付随して動いているのです。
 人間も男と女に分かれて生まれているのは同じ原理によります。本来一つでありながら、仮に二つに分かれて各々の天分や立場で補い合い、一切のものを生み育てて、造り出しています。
 男性は、陽であるから中心となり、陰に先立つのです。陰は受動的であります。男性は能動的であり、女性は受動的であります。能動的なもの(夫)が先に立って、受動的なもの(妻)が素直に受けて、そして、それに従うというのが天地の道であるということになっています。
「夫まず唱え、妻これに従う」というのが日本的な生命の動き方、天地の法則です。
 このように従えば、家庭がまことに調和した状態になります。それが天地の法則なのですから法則にさからってどんなに努力してみてもどうにもならないのです。
 ご主人に従ってばかりではツマランと思って、頭をもたげたり、トップに立ったりすると、女性優先ということになり、夫婦不調和になって、家庭が地獄に変ってきます。
 ところが、女性の位置が正しい位置に戻って、ご主人を優先せしめて、夫を立てて、感謝するというような心になりますと、天地の法則に従うことになるから、その家庭が天地の法則に祝福されて、自然と善くなるのです。

夫婦の基本は「夫まず唱え、妻これに従う」

ご主人の御心を立てるようにすると夫は気持ちがいいのです。自分の言うことに何でも素直に「ハイ」と従ってくれる、これほど夫にとって気持ちのいいことはありません。
 夫の御心に従い、喜ぶようにしてあげることは、妻の愛であります。妻の幸福というものは、夫を尊敬し、夫を立てて、感謝して、拝める心境になった時に感じることができるのです。
 夫婦が調和してくると、おのずからすべてのものが整い、妻に先立って夫の方から「お前、このようにしたいんだろう」と願いを叶えてくれるようになってきます。
 どうぞ「夫まず唱え、妻これに従う」。これを実践して下さい。きっと喜びのある家庭となるでしょう。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲