TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 自分の都合しか考えない義母が許せない

アメリカ人と結婚し、現地で暮らしています。私が妊娠してつわりのひどいとき、義母は平気で遊びに来ました。私は食事の準備とかをしなくてはならず、とても不愉快な思いをしました。また、勝手にベビーベッドを購入してこれを使えとか、子どもの名前は何々にしろとか、すべて自分の都合で決めてしまうのです。そして自分の過ちには謝罪せず、必ず誰かのせいにします。自己反省の無い義母が人間的に信用できず、許すことができません。許すことができるのであればここまで苦しんでいません。私はどうすればいいのかアドバイスをお願いします。
(D・W、33歳、女性、アメリカ)

回答 魂のつながりから観れば、姑も自分の親です。和解の祈りをすることで必ずよい関係が築けます。

回答者:上村 アリ子(生長の家本部講師補)

つわりで苦しい時、お義母(かあ)様がお見えになり、食事の準備をし、ベビーベッドの購入、赤ちゃんの名前までお決めになるのでは、母親になる喜びも楽しみも奪われたようで、寂しい気持ちになられたことでしょう。でも、あなたが生長の家の教えにご縁を頂いていることは本当に素晴らしいことですね。
 私も姑のことを恨んだことがあります。私は姑に「あんたは嫁ごにするはずじゃなかった!(あなたを嫁にするはずではなかった)」とか「あんたおるば殺しなっせ!(あなた私を殺しなさい)」と言われたことがあります。
 その頃は、私は生長の家を知らなかったので、心で恨んでも、その想いは相手に伝わらないと思っていました。でも心の想いはちゃんと姑に伝わっていたのです。姑にとらせた態度は、実は私の心の中にあったものだということを生長の家の教えに触れて初めて分かりました。それから姑に心から懺悔(ざんげ)し、今はとても感謝しております。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、母親の想いが胎児に影響することを、次のようにお示しになっています。

「妊娠中の母親の心の持ち方のいかんは、生理的に言っても胎児に影響を及ぼすのはもちろん精神的に言っても、かくのごとく生長率の激しき胎児期間に、ある一定の精神影響の持続的雰囲気(胎内)に生活せしむれば、その精神の一定傾向を胎児の潜在意識内容に素因(そいん)としてもって生まれて来ることは当然だと考えなければならないのであります」(『生命の實相』第40巻〈全40巻〉日本教文社刊、85ページ

胎教というコトバはご存知でしょう。妊娠中はいい音楽を聴いたり、いい絵を見たりして心を穏やかに保つことが大切だと言われますね。でも、今のあなたは反対の心持ちでお腹の赤ちゃんの胎教をしているように思えます。親というものは自分勝手で、自分の都合で物事を進め、自己反省のない人間なのだということを教えているようなものです。
 お義母様に対する想いが赤ちゃんの心の奥底の潜在意識に植え付けられ、それがあるとき目覚め、親に反発したりすることが思春期などに現れて来ます。

姑の愛を知る

生長の家の教えに「神に感謝しても父母(ちちはは)に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ」とあります。魂(いのち)のつながりという点から観れば、お義母様も自分の親であることに変わりはありません。あなたは、自己反省のないお義母様を許せないとおっしゃいますが、ちょっとお義母様のお気持ちになって考えてみてはいかがでしょうか。お義母様にとっても可愛い孫の誕生です。嬉しくて楽しみがいっぱいなのではないでしょうか。
 あなたはつわりで辛(つら)いことをお義母様にお話しになりましたか? 自分の母親に話をするように赤ちゃんにとって必要な物や名前のことを相談しましたか? 
 恨んでいる人との和解をするためには、次のような祈りをするとよいでしょう。

「私はあなたを赦(ゆる)しました。あなたも私を赦しました。あなたと私とは神において一体でございます。あの時、あなたがああいう姿、態度をとられたのは、あなたが悪いのではなく、私の心の中にそういうものがあったればこそ、そういう姿を見せて私を悟りにみちびく観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)様でございました。その観世音菩薩様なるあなたに心から感謝いたします」(谷口雅春著『人間苦の解放宣言』日本教文社刊、55ページを要約)

はじめは思うようにいかないかもしれませんが、祈りを続けていく中で、必ず心が楽になり穏やかになります。そしてあなたは、本当はお義母様にとても愛されていることが分かると思います。
 お義母様はあなたにとってもご主人にとっても大事なお母様です。魂の親子兄弟にはアメリカ人も日本人もありません。お義母様に対して心から感謝の念を持ち、心穏やかに生活されることがお腹の赤ちゃんのためにとても大切なことだと思います。可愛い赤ちゃんの誕生とご家族の大調和を心よりお祈り申し上げます。

(生長の家長崎北部教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成19年9月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲