TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 仲の悪い両親を調和させるには

物心ついたときから両親の仲が悪く、けんかは日常茶飯事でした。食事のときは会話もなく、冷たい雰囲気に耐えられず、高校生の頃からは一緒に食事をしなくなりました。両親が若いときには離婚の話し合いもしたことがあるそうですが、思いとどまったそうです。父親は収入が安定せず、ずっと私が生活費を家に入れています。だから遊ぶこともできません。早く結婚してこの家を出てしまいたいのですが、できるなら両親の和解のために何かしてあげたいです。無力かもしれませんが、私にできることを教えて下さい。
(K・K、21歳、女性、福井県)

回答 両親を嫌わず、自分に幸福をもたらす素晴らしい親だと信じて、感謝と真心で接することが解決の鍵です。

回答者:安藤 満(生長の家本部講師)

まずご理解頂きたいのは、人生の本質は魂が生長するための学校であるということです。
 この世が「人生学校」であると分かれば、どんな問題でも、魂の生長に欠かせない課題であることが理解できます。諺にあるように、「袖振り合う(だけの関係で)も多生(前世から)の縁」なのですから、ましてや親子や夫婦は、魂の生長にどれほど重要であるか知れません。
 人生は、自分に辛く当たる人や思う様にならないことの中に、深い意味や宝が隠されているのです。この原理が分かれば、ご両親の不仲の問題は、あなたの生長(幸福)に欠かせない課題であることが理解できますね。それならばご両親を責めるのはお門違いということになります。
 ご両親を責めている間は、魂は生長しませんから、問題は良くなるはずがないのです。たとえその場から逃れても、同じ様な境遇を引き寄せてしまいます。難しいかも知れませんが、ご両親から逃げず、そして嫌わず、あなたに幸福をもたらす素晴らしい親だと信じて、「ありがとう」と感謝と真心で接することがこの課題を解決する鍵となります。
 あなたがご両親に仲良くなってもらいたいと願うのは、ご両親の本質が愛であり、神であり、魂においては元々一つであり、その一つの愛なる神から生まれた生命があなた自身であることを心の底で知っているからです。これは全ての子供が、両親に抱いている共通の想いです。強く正しい想いは必ず実現しますから、「本当は仲良しなのに…」と囁いているあなたの生命の微かな叫びを確信にまで強める必要があります。
 そのためには神想観という、内なる神様の生命を引き出す生長の家の座禅的瞑想法がありますので、ぜひ実践して下さい。神想観のやり方は、『新版 詳説 神想観』(生長の家創始者・谷口雅春著)『神想観はすばらしい』(生長の家総裁・谷口清超著、いずれも日本教文社刊)をお読みになるか、お近くの教化部でお尋ね下さい。

両親に精一杯の愛を表現する

神想観を実修すると確信が深まり、絶妙の叡智が湧いて来て、あなたを導く力となります。そして誠心誠意、愛を尽くしてご両親に接して下さい。ご両親と話をするときは敬語を使うこと。また一家の中心はお父さんですから、お父さんを立てて敬って接して下さい。お父さんから何かを頼まれたらハイッと元気に返事をして、ニコッと笑って、ポンと打てば響くように素直に実行して下さい。もちろんお母さんに対しても同様です。
 また、ご両親の良い所を発見したら、どんどん表現して下さい。陰口は決して言わないこと。お父さんの収入が不安定で不満に思うこともあるでしょうが、自分の力で家族を養うことができない、これは父親にとってとても辛いことなのです。その切ない気持ちが分かれば、お父さんが元気に働いて下さっているだけでもありがたいと思いませんか。
 また、夫に尽くしているのに感謝の言葉の一つもないお母さんの寂しい気持ちが伝わって来たら、あなたがお父さんに代わって、「お母さんいつもありがとう、お父さんは心の中でそう叫んでいるよ」と感謝の想いを伝えればよいのです。
 あなたが給料を生活費に入れるのは素晴らしいことです。遊びに使えばそれまでですが、その費用は将来家族から大切にされるという形であなたに返ってきます。貴い「善業」を、お父さんのお蔭で図らずも積ませて頂いているのです。
 夫婦がいがみ合っているとどれほど子供の心が傷付くものか、あなたは体験を通して学びましたね。これを知らずして子供の心を傷付けている親がいかに多いことか。ご両親は身をもって教えて下さったのです。
 ご両親の調和を願う、あなたのその真心は天地神明を泣かしめるものです。その貴い心根に応えて、必ずや神様は、あなたを護り導いて下さいます。これも皆ご両親のお蔭です。嫌なことも良いことも、ご両親の存在そのものが、ただあなたの幸せのためにある。どうかそれに想いを致してご両親に感謝して下さい。
 そして後は、神様の導きにお任せして、前述の事柄を、あなたの精一杯の愛で表現して下さい。そうすれば人生学校の課題は必ずや合格します。合格すると神様からそれは素晴らしい贈り物が届きますよ。あなたが夢見た、そこに笑顔の両親がいる温かい家庭という贈り物が、あなたの努力の結果として頂けるのです。
 心優しいKさん、生長の家の教えとともに栄光の道を歩まれますことを、心から祈っています。

(生長の家宮城教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成18年8月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲