TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 父の再婚で、私はどう進むか悩んでいます

4年前に母が他界し、このたび父が再婚をすることになりました。父としては私を家事から解放してあげたいからという理由もあるようです。しかし私は、父は母の伴侶だという思いと自分の居場所がとられるという勝手な思いがあり、再婚を心から喜べません。「これからは家に縛られずおまえの道を歩めばいい」と父は言ってくれたので、昔から住んでみたいと思った場所へ移り住もうと就職活動を始めました。しかし父に「遠くへ行かないでほしい」と反対されています。「やりたいことやったらいいよ」と言う言葉と、「行かないでほしい」という言葉、私はどう進めばいいのでしょうか。
(N・T、26歳、女性)

回答 家庭の調和は父母への感謝から。両親と継母への「ありがとう」の気持ちがあれば道が開けてきます

回答者:長谷川 千治(生長の家本部講師補)

お母さんを4年前に亡くされたとのことで、あなたもさぞや寂しい思いをしていることと思います。しかし、あなたのお父さんもあなたと同じように、あるいはそれ以上に寂しい思いをしているのではないでしょうか。
 お父さんは、お母さんが亡くなった後、あなたが家事に追われ忙しい思いをされている姿を見て、解放してあげたいという思いと、また、心の寂しさから再婚を決意されたのだと思います。男は見た目より意外と寂しがり屋で、あなたのお父さんもきっと寂しかったのでしょう。
 しかし、今度再婚される方はあなたにとっては継母であり、あなたも複雑な気持ちであると思います。早く継母との関係やお父さんとの関係を調和あるものにしていくためには、あなたの心を変えていくことが一番の近道だと思います。
 ここに作家・藤沢周平の娘さんで遠藤展子さんの『藤沢周平 父の周辺』というエッセーの一説を紹介します。

「幼稚園から帰る道すがら、近所のおばさんが私を呼びとめました。そして『展子ちゃんちはママハハだから大変だね』といったのです。私は意味がわからず、家に帰るとさっそく継母に聞きました。『ねえ、ママ。ママハハって何?』すると継母は『ママハハっていうのはね、ママと母と両方だから普通のママより2倍すごいママなのよ』それを聞いて私は(そうか、うちのママは、ママだけじゃなくてママと母だから2倍すごいんだ)と納得して安心したのです。今にしてみると、動揺することなくそう言った母の太っ腹な性格が、その後の我が家を救ってきたのだと思うんです。そうしてママと母の2倍、苦労しただろうと思うのです」

 このように、実におおらかなお母さんの性格が家庭を救ったということですが、いくらおおらかなお母さんでも普通のママより2倍悩み、苦労したことは間違いないでしょう。
 人はどうしても自分を中心に物事を考えがちです。自分がつらいのは、他の人のせい、外界の出来事のせいにし、相手も同時に悩んだり、苦しんだりしていることに気がつかないことがあります。同じように、あなたのお父さんもあなたと家を守るために悩み、苦労なさって悩んでいると思います。お父さんの気持ちも理解してあげてください。このことが出来ればきっとあなたは今よりも素晴しい女性になっていると思います。

神に振り向いたとき解決の智慧がわいてくる

生長の家では継母(ままはは)とは言わずに継母(つぎはは)といい、後妻で来た母であって肉体は別であっても、霊的に観れば全くの他人ではなく、母としての理念が引き継がれているとして、感謝することの大切さを教えています。
 そして、『大調和の神示』(生長の家創始者・谷口雅春先生が神から受けた言葉)には「神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ」とあります。
 お父さんの「やりたいことやったらいいよ」と「行かないでほしい」という言葉にどう進めばよいか悩んでいるようですが、「やりたいことやったらいいよ」というのはお父さんのあなたに対する優しさであり、「行かないでほしい」というのもあなたを愛しいと思う感情から来たものであり、どちらもあなたを愛するお父さんの気持ちには変わりがありません。
 また、いろいろな問題に出合い、解決するために悩んだ時には神にすべてお任せすることが大切です。そのことについて『新版 生活の智慧365章』(谷口雅春著、日本教文社刊)に次のように記されています。

「心配したり、憤ってみたり、イライラしたりしたところが問題の解決には何の役にも立たないのである。それは問題を益々解決困難に持込むだけの事である。それよりも心を平和にして問題の核心をつかみ、何処にその『問題』という現象があらわれるところの精神的原因があるかを明かにし、その精神的原因を除去すると共に、心を神に振向け、神から問題解決の智慧の導きを受けるように、神想観して祈るがよいのである」(18ページ)

神想観とは生長の家独得の瞑想法で、やり方はお近くの生長の家教化部(布教、伝道の拠点)でお尋ね下さい。
 あなたが神に全てお任せし、お父さん、お母さん、そして今度こられたお母さんに心から感謝できたとき、調和した世界が必ず開けます。そして、お父さんとの関係も調った状況が展開し、あなたの進むべき道もはっきりしてくると思います。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成19年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲