TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 夫の両親との同居が耐えられない

私は主人と3歳の子供がおり、主人は長男で家業を継いでいます。私の悩みは同居している両親と一緒にいるとストレスがたまることです。そのことで私は体調を崩し、精神科に通って薬をもらっています。夫がサラリーマンだったらとか、商売をしていなければとか、親子3人暮らしだったらどんなに自由だろうかとか、そんなことばかり思ってしまいます。そして両親の悪いところばかりが目に付いてしまいます。これからずっと、10年後も20年後も両親が亡くなるまでは一緒に生活しないといけません。私はこの先どうすればいいのでしょうか。
(W・F、34歳、女性)

回答 悪い面にとらわれる気持ちを感謝の方向に切り替え、家族の良い面を思い浮かべる努力をしましょう

回答者:村田 昌彦(生長の家本部講師補)

ご主人とお子様がいらっしゃる中、体調を崩され、精神科に通われているとのことで、相談文を拝見して気の毒に思いました。しかし問題解決の糸口を見出そうとされていることは素晴らしいことです。
 生長の家は、「環境は心の影」と説きます。この意味は、仮にあなたの夫がサラリーマンとなり、家業を継がず、両親と同居しない状態になったとしても、あなたの心が変わらない限り、同じような境遇があらわれるということです。今の境遇から逃げ出すことを考えるよりも、まず、今いる環境や境遇で何ができるかじっくり考えてみてください。
 人は個々別々に生活しているように見えますが、「類は類を呼ぶ」法則により、心の波長の似通った人達が集まって生活しているのです。そして、深い縁があってご主人と結ばれ、ご主人のご家族と生活をともにされているのですから、その縁をおろそかにせず、明るく前向きに今の状況を捉えることです。
 どんな家業であろうと、家業を継いでいるご主人のもとに嫁がれたということは、あなた自身がご主人を支え、ご家族の役に立つ使命を与えられたということです。使命が与えられたということは、あなた自身に問題を解決する力がすでに備わっているということでもあるのです。
 生長の家の教えに、「なんじ らの兄弟のうち最も大なる者は汝らの父母である。神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ」という言葉があります。この意味は、生んでくれたご両親に感謝するとともに、ご主人の両親にも感謝しなければならないということです。さらにあなた自身のご先祖様とご主人のご先祖様にも感謝してください。

少しでも良いことがあれば、感謝の言葉を唱える

ところで、あなたは最近、笑っているでしょうか。日常生活において、つとめて明るく快活に笑うことは大事なことです。初めはおっくうかもしれませんが、「笑うかど には福来る」ということわざもありますから、ぜひ実行してください。
 ご両親の悪いところばかり目に付くということですが、他人の悪い面というのは、実は自分自身が悪いと思っていることを相手に投影して見ているのです。相手の悪い面ばかりを見ていると、おの ずと心が暗くなるものです。悪い面にとらわれているエネルギーを感謝の方向に切り替えてください。そのためには、家族の良い面を心に思い浮かべる努力が必要です。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は『生命の實相』第14巻(全40巻、日本教文社刊)に次のようにお説きになっています。

「諸君よ、どれだけでも自分の妻を無限によい妻だと思い、自分の良人おっと を無限によい良人だと思い、自分の親を無限によい親だと思い、自分の子を無限によい子だと思え。善く思いすごすことに遠慮するな。どれほど諸君は自分の家族を理想化して考えてみても考えすぎるということはないのであります。この行事を毎日続けよ。諸君の親は、諸君の良人は、諸君の妻は、諸君の子供は日増しにその理想に近づいてくるでありましょう」(110ページ)

日常生活において少しでも良いことがあれば、そのことに対して「ありがとうございます」と感謝の言葉を唱えてください。生長の家では『日時計日記』という日記を発行しています。これはその日起こった素晴らしいことや嬉しかったことを書く日記です。ご両親にも素晴らしい面がたくさんあるはずですから、良い面を思い出して日々書いてください。
 あなたは問題解決の力がすでに与えられているのですから、できないと思うよりも、できることから実行してください。きっとあなたの努力が実を結び、素直に感謝できる生活が送れることでしょう。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成20年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲