TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 生活苦に悩む日々。安定した生活をしたい

4年前、主人は勤めていた会社のリストラで解雇され、1ヵ月後、小さい建築会社に就職が決まりました。しかし年収が280万円ほど減り、主人は会社の他、二つもアルバイトをして休む暇もありません。生活は苦しく、私は不安と不満、そして子供二人を進学させてやれるのだろうかと悩む日々……。私はヘルパーの資格を取り、働こうとした矢先、体調が悪くなり仕事が出来なくなりました。貯金も底をついています。家のローンもあります。ぜいたくな生活は望みません。安定した生活をしたいのです。どうすればいいでしょうか。
(H・T、43歳、女性)

回答 喜びごとや感謝できる様々なことを積極的に認めていくことが、家庭の繁栄に繋がっていきます

回答者:岡田 幸久(生長の家本部講師補)

ご主人の失業を切っ掛けとして生活環境が変わり、将来に不安を抱えて悩まれているそのご心痛を察します。しかし、人生にどんな難問題があるかのように見えましても、必ず解決出来る為に問題が現れたのですから、自信を持って人生を前向きに歩んでいきましょう。
 さて、あなたはどうしたら安定した生活ができるかと悩まれている様子ですが、その条件に、良人おっとの年収があなたの希望額に満たないことが含まれています。家族の将来を思うあまりのことですが、結果を求めすぎて大切なことを忘れていませんか?
 生長の家創始者・谷口雅春先生著『『新版 女性の幸福365章』(日本教文社刊)に「妻の心が曇るとき良人の心が曇る。妻の心が輝くとき良人の心が輝く。女性が喜びに輝いているときは宝石が輝いているように見える。女性がふくれっ面しているときには、毒瓦斯どくガス以上にすさまじい雰囲気がその身辺にただよう」(179ページ)というご文章があります。
 こういうことに思い当たりませんか。あなたは奥様であり、母でありますから家庭にとって太陽です。将来を不安視するあまり、本来の明るさを忘れてしまったら、家族の繁栄は決してやってきません。それは、「三界は唯心の所現」という法則がこの世界にあるからです。
 あなたの心の中で持続的に思っていることが引き寄せられ、身の回りに集まってきます。喜びごとや感謝できる様々なことを積極的に認めていくことが、実は家庭の繁栄に繋がっていくのです。

「私の良人は世界一の素晴らしい主人」と祝福する

さて、4年前のご主人の転職により、家族もその影響を受けたことに不満を持っておられますが、私達の住んでいる世界は常に変化しているのです。普段はそれに気付かないものですが、大きなことが起こった時、特に今まであったものがなくなった時に人は動揺するのです。なくなって初めて今まで大きな問題がなかったことに有り難く思うものです。
 あなただけでなく、それはすべての人にあてはまりますが、その時に、今までの恩恵に感謝するか不満に思うかで、将来、雲泥うんでいの差が出てしまいます。あなたの場合、まず過去の良人の職場に感謝しましょう。次には、そろそろ過去の出来事と和解して、新たな与えられた環境に対して感謝の心を起こしましょう。
 この不景気の中、良人が失業してもすぐに就職先が見つかったことは素晴らしいことじゃないですか。また、子育てをしてきたあなたなら、良人が突然の転職で家族に迷惑を掛けてしまい、収入が落ち、その責任を感じて、アルバイトまでされて懸命に家族を支えようとしている大きな愛がわかるはずです。
 あなたの良人は、今一家の主人として、一人の人間として人生最大の努力をされています。良人が家族のために一所懸命になっている姿ほど、有り難いことはないのです。あなたは良人から愛されているのです。それが人生最大の喜びであると気づけば、良人が失業したことにも感謝できるではありませんか。
 また、あなたは無理に働く必要もないと思っているから、働こうとしたら体調がおかしくなったのです。働く動機や目的が間違っていたのではないでしょうか。それと、子供の進学問題も夫婦仲良くしていたら、その温かい雰囲気が自然と伝わり、子供は立派に育ちます。
 最後に「私の良人は世界一の素晴らしい主人」と祝福して、日々の生活の中で良い事のみを記載する『日時計日記』(生長の家刊)を付けてみて下さい。また、どんな問題でも解決出来る場所があります。それは、生長の家の練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)です。是非、思い切ってご参加下さい。今あなたは幸せになっても良いのです。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲