TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 両親が失業し、貧乏生活が恥ずかしい!

今、両親が失業してしまい、どちらも次の仕事が見つかっていません。これまでもギリギリの生活だったのが、もっと苦しくなってしまいました。明日のお金に困り、両親はいつもケンカしています。東北の人たちは地震で大変つらい思いをしていますが、まわりが皆同じ状況なのでずかしくないと思います。しかし、私の周りはみんな幸せな家ばかりです。今の貧乏生活がすごく恥ずかしいです。私と弟はこのまま貧乏な生活に耐えていかなければならないのでしょうか。
(H・K、女性、中学3年)

回答 すでに幸せな世界の中にいることを信じることが、幸福への第一歩となります

回答者:寺川 昌志(生長の家本部講師)

中学生のあなたにとって、とても辛いことだとは思いますが、解決に向けて出来ることはあります。ご安心ください。
あなたは家が貧乏なので不幸だと言いますが、それでは、お金さえあれば幸福なのでしょうか。
 幸福について生長の家では、「真の幸福は、人間の知恵を超えた神様の世界の中にある」と説いています。幸福に姿形はありません。しかし私達は、幸福へのイメージを抱いています。なぜかと言うと、私達は本来、神の子であり、神様の世界を直感的に知っているからです。貧乏が恥ずかしいのも、神様の世界に貧乏は無いから、脱却したいと思うのです。
 では、私たちが幸福になる秘訣はなんでしょうか。それにはまず、心で何を描いているかが重要です。一日の大部分の時間を「不幸だ」と思っていたら、心で強く描いた通りの不幸があらわれてしまいます。なぜならば、私達の生きているこの世界には「原因結果の法則」という心の法則があり、いつも心で思い描いていたものが実現してくるからです。

自分の幸せの前に人の幸せを願う

私は高校一年の時に父を亡くし、母は病弱で余り働くことが出来ず、家にお金はありませんでした。高校は辞めなくてすみましたが、小遣いはなく、どんなにおなかがすいてもファーストフードを食べることもできませんでした。だから友達と一緒に帰らないようにしたこともありました。欲しい物も買えない毎日でした。ですから、あなたの気持ちはよくわかります。
 しかしその頃、私は生長の家の行事に何度も参加し、「人間は神の子で、無限力を持っている」「神様は善き世界しか創られない」といった教えや、両親に感謝することの大切さを学びました。繰り返し講話を聞くうちに、「そうだ、神様は善き世界しか創っていないから、よくなるに決まっているんだ」と、素直に思うようになりました。
 多くの人の幸福を願って生長の家の活動を積極的にするうち、近所の本屋さんが深切にも好条件でアルバイトに雇ってくれました。アルバイト代を最初は自分のことに使っていましたが、困っている人のために使う方がもっと嬉しいことに気づきました。しばらくして、真に「与える」とは、お金だけではないこともわかり、笑顔とか深切とか、さらには真理を伝えることが大切だということも知ったのです。
 あなたも信仰を深めて、幸福になってください。そのためには、家族が仲良くなることです。なぜかというと、例えば両親が就職のため面接を受けるとします。明るい表情の人と苦虫にがむしつぶしたような表情の人、能力に差がなければ、どちらの人が選ばれるかわかるでしょう? あなたが明るくなって、家族全員に良い影響をあたえるのが、幸福への第一歩です。他人はあなたが貧乏なことに興味を持たないものです。
 夜明け前が一番暗いですが、必ず夜は明けます。神様が創った善き世界を信じて、多くの人の幸福を願う明るい毎日を、笑顔と深切心で創っていきましょう。

(生長の家三重教区教化部長)

このQ & Aは、『日時計24』No.18に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲