TOP > Q & A > 家庭問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの家庭での問題は?

質問 満足な食事を作らない息子の嫁。どう意見すれば?

結婚したばかりの息子の嫁のことです。嫁は仕事をしているので忙しいのは分かりますが、朝も夜も満足な食事をつくらないというのです。息子も不規則な仕事で夜遅く帰り、朝遅く出て行くという生活。母親としては、だからこそちゃんとした食事を息子に食べさせてもらいたいと思うのです。嫁になんと言って意見したらいいでしょうか?
(K・O、60歳、女性)

回答 お嫁さんの美点を見つけ、讃嘆し、褒めてあげましょう。

回答者:仲田 稲造(生長の家本部講師)

かわいがって育てた息子さんが、仕事で忙しく不規則な生活を送っているだけに、健康のためにも、お嫁さんにちゃんと食事を作ってもらいたい──そんな母性愛がひしひしと感じられる質問で、母親としてお嫁さんにひとこと言いたいという、あなたの気持ちもよく分かります。
 しかし、一番のポイントは、息子さんがどう考えているのかということだと思います。共働きで夫婦そろって多忙な日々を送っているわけですから、お嫁さんが満足な食事を作れなくても、互いに理解し合い、許し合っているのかもしれません。
 それにお嫁さんは、あなたのような栄養満点の食事は作れないかもしれませんが、休みの日や、時間がある時などは、息子さんのためにと精一杯の食事を作られているのではないでしょうか。もしそうなら、毎日食事を作らないことを責めるより、忙しい中、お嫁さんなりに努力しているところを心から讃嘆し、めてあげて下さい。そうすれば、お嫁さんもきっと喜びますし、お嫁さんにとっては姑の褒め言葉ほど嬉しいものはありませんから、「もっとおいしい食事を作ろう」という前向きな気持ちになり、進んで食事を作るようになるに違いありません。
 これは、食事に限ったことではないのです。この世の中には、心で認めたものが現れるという「心の法則」がありますから、お嫁さんの良いところを見つけ、「素晴らしいね」と褒めてあげると、その良いところがどんどん出てくるのです。
 それに、お嫁さんは決して“他人”ではありません。生長の家では、「女性の本当の母親は嫁いだ先の姑である」と説きます。ですからお嫁さんは、あなたの本当の娘なのです。娘ができたと感謝するようにすれば、自然に美点を見つけることができるようになると思います。
 そうして、お母さんの気持ちが優しいものに変われば、その気持ちがお嫁さんに伝わり、お嫁さんのほうから「料理の仕方を教えてください」などと言ってくるようになると思います。
 最後に付け加えると、今が親離れ、子離れする絶好のチャンスです。息子さんは、お互いが魂を磨き合うためにもっとも相応しい相手と結婚したのですから、息子さんのことはお嫁さんにすべてお任せすることです。大らかな母性愛で、息子さん夫婦を見守り、包んであげてください。

(生長の家沖縄教区教化部長)

このQ & Aは、『いのちの環』No.18に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲