TOP > Q & A > 病気・治病

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの病気・治病は?

質問 過食で苦しむ妹を助けたい

妹は家に引きこもり、過食の症状が出ています。ヒステリーもあり、思春期の頃から感情を爆発させることが多く、たまりかねた親の「出て行け」の言葉で外泊したこともあります。自分で自分をどうすることもできないようで、50キロくらいだった体重が100キロを超えています。両親は外出もままなりません。私たちはどうすればいいのかアドバイスをお願いします。
(N・S、31歳、男性)

回答 妹さんの味方であることを本人が理解できる接し方で、成長を見守り、じっと待ってあげる態度が必要です

回答者:畑中 良夫(国立病院機構 高松医療センター名誉院長・生長の家地方講師)

過食症は、愛情欲求が強く、自意識過剰の思春期の女性に好発する病気とされています。
 過食症にはそれぞれ原因があり、治療法も原因によって異なります。
 10代の過食症は成長過程の心理的葛藤が原因であり、成長とともに自然に消失します。20代後半まで遷延せんえんすると統合失調症などの精神疾患であることもあり注意が必要です。
 妹さんの年齢が不明であり、心理的因子に起因するかどうかはっきりしません。
 妹さんは過食症だけでなく、肥満が強いようですね。肥満を放置しておくと、今流行のメタボリックシンドローム(高血圧、高脂血症、糖尿病合併)となり、最悪の場合には心筋梗塞、脳卒中などをき起こしてきます。
 一度、内科、または心療内科のお医者さんに見て頂くことをお勧めします。
 大人への成長過程で発症した過食症の一経験例を紹介します。
 Mさんは医学部の女子学生。4年生に進級した春、実習で指導してもらった妻子ある教官に恋をしました。尊敬と恋心に、充実感一杯で勉学に熱中できました。その教官がアメリカに留学してしまい、それを境に、痩せたくて、小食を心掛けているのに、何か食べていないと落ち着かず、イライラするため、大量のお菓子を買い込んでは腹一杯、お菓子が喉に詰まった感じになるまで食べ続けるようになり、我慢の限界に達し、手を口に突っ込んで食べたお菓子を全部吐き出して、やっと過食発作は止まるが、翌日になるとまた強迫的過食を繰り返すという具合でした。
 自己洞察を通じて、負けず嫌いで、完全主義で、自意識が強く、常にヒロインでないと満足できない自分であることを自覚できてくるにしたがって症状が軽快しました。
 6年生の卒業試験の時に少し苦しんだようで、毎晩、私の家に電話をかけてきましたが、それを乗り越えてからは、自信ができたのか無事に卒業して医者になりました。
 クラスメートの医師と結婚し、子育てと医師の仕事を上手に両立させているそうです。

家族の愛を実感できた時、成長への転機となる

妹さんは両親から十分な愛情(無条件の愛)を受けつつ成長してきたのでしょうか? 
 もし心が愛されているとの気持ちで満たされていないとすれば、自意識が芽生えてくる思春期に両親や家族に対して反抗的になり、感情を爆発させても不思議ではありません。
 その時、叱ったり、嘆いたり、注意することは逆効果です。そんな時こそ、妹さんの味方であることを本人が理解できる接し方で、成長を見守り、じっと待ってあげる態度が必要であり、赤ちゃんや幼児に接するように、愛深く抱きしめてあげることが大切です。
 こんな自分でも家族に愛されているのだと実感できた時、成長への転機となります。
 お兄さんであるあなた自身が、祈って、じっと待ってあげて下さい。
 生長の家の教えをあなたが実践し、次に両親が信仰するようになると最高です。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲