TOP > Q & A > 病気・治病

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの病気・治病は?

質問 仕事も結婚もうまくいかず、生きているのが苦しいです

私は二十年以上、うつ病、自傷、アルコール依存、強迫神経症、対人恐怖症などをわずらい苦しんできました。父は私が十歳の時に亡くなり、あまり働けない母と細々と暮らしていましたが、先日、派遣先から時間給に切りかえられ、収入が大幅に減ってしまいました。マイナスの出来事は自分の悪いところを気づかせてくれるもので、感謝しなくてはいけないと聞きますが、生活ができなくなるほどのマイナスが与えられる必要があるのでしょうか。いくら生長の家の本を読んでも、仏前で手を合わせても、両親に感謝しても、不安や絶望感、淋しさが襲ってきます。結婚もできずつらい毎日です。どうすればこの苦しさから逃れられるでしょうか。
(B子、35歳)

回答

回答者:畑中 良夫(医学博士・生長の家地方講師)

あなたは思春期に対人恐怖症にかかったそうですが、対人恐怖症的体験はあなたに特有ではなく、自意識が芽生える思春期に、ほとんどの人が経験しつつ、大人へと成長します。
 十歳でお父さんを亡くし、お母さんと二人きりになりながらも、世間に認められたい、負けたくないとの想いでよく頑張りましたね。しかし現実は、その気持ちが空回りし、疲れ果て、社会的適応障害に陥ってしまったと考えられます。
 医師は、状態に応じて、うつ病、自傷、アルコール依存、強迫神経症などと診断するものの、病気がそんなに幾つもあるわけではありません。根っこにある、自意識過剰、負けず嫌い、でも強くなれない、そんなあなたの性格が病因となる、適応障害とまとめて呼ぶべきでしょう。薬が効き難く、治療としては、心理的認知療法が効果的なようです。
 現在、私が産業医をしている某大企業でも、平成二十年秋のリーマンショック後、派遣、パート社員の再雇用が減少しました。可哀想だとは思いますが、派遣、パート制度は法的に認められている制度であり、その責任は企業ではなく政治家にあり、その政治家を選んだ国民にあります。あなたは収入が大幅に減ったとはいえ、パートで残れたのです。クビになるより、また生活保護を受けるよりはよかったと思えないでしょうか。
 神、仏を信じ、心の奥底から両親に感謝でき、境遇の善し悪しに関係なくがんばれてこそ信仰生活です。生長の家では「常に自我を死に切るべし」と説いています。肉体的自我(自意識過剰)を捨て、肉体が死んでも死なない自分、本当の自我(真我)を認知する修行を説いた言葉です。
 自殺未遂を経験されたようですが、自殺しても決して幸せになれません。死んだつもりで、現在、与えられているパートの仕事に、全力を尽くす時、きっと運命が好転します。

(国立病院機構・高松医療センター名誉院長)

このQ & Aは、『白鳩』vol.3に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲