TOP > Q & A > 病気・治病

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの病気・治病は?

質問 孫の夜泣きに悩んでいます

三姉妹の娘の末っ子の孫は2歳になりますが、生後からずっと夜泣きが続いています。また、かんしゃく持ちで、自分の思い通りにならないと、大きな声でわめき、物を投げたり、叩いたりして、母親である娘を困らせています。漢方薬を飲ませたこともありますが、薬で抑えるのは可哀そうです。どうすればよいでしょうか。
(A子、64歳)

回答

回答者:牧野 尚一(生長の家本部講師)

それはお困りですね。実は、私は小学生の頃、寝つきが悪く、そんな時、母が枕元で聖経『甘露の法雨』を読んでくれました。すると「大調和の神示」が終わる頃には、スヤスヤと眠りについたものです。
 このように「真理」のコトバには、すべての人に宿る“神の子、仏の子”の実相を引き出す力があります。三女さんが、『こどもの祈り』等の真理のご本をお孫さんの枕元で読まれ、「あなたは素晴らしい“神の子”ですから、ゆっくり休めますよ」と優しく言ってあげれば、たとえ意味は分からなくても、コトバの持つ響きやリズムがちゃんと心に届きます。
 コトバにはものごとを現実のものにする力がありますから、夜眠る時だけでなく、昼間の遊んでいる時、食事の時など、あらゆる機会をとらえて、「○○ちゃんは、神の子、仏の子、何でもできます、強い子、良い子」と、コトバの力で神の子の自覚を深めてあげることが大事です。
 私も娘が幼い頃、そのようにコトバを掛けて教えました。するとある日、娘が隣のお宅へ突然訪ねて行って「私は神の子、仏の子! 何でもできます、強い子、良い子!」と大きな声で言ったので、お隣の方がビックリしたというエピソードもあります。
 このように子どもは素直ですから、あなたと三女さんでコトバの力を使って、お孫さんに「神の子、仏の子」であるという自覚と自信を持たせてあげて下さい。
 また、幼い子どもは親の心、特にお母さんの心の影響を受けます。『新版 女性の幸福365章』等、生長の家には女性のための真理の書がたくさんありますので、三女さんにもぜひお薦め下さい。同じコトバの力でも、「真理」を知って使う時に最も大きな力を発揮しますので、常に「真理」に親しまれることをお薦めします。

このQ & Aは、『白鳩』vol.60に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲