TOP > Q & A > 教育問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたのお子様の教育問題は?

質問 言うことを聞かない息子。どう対処していいのか分からない

中2の息子の母親です。息子は嘘をついたり、私の財布からお金を何度か取りました。そしていつも同じ子と行動を共にしており、何人か集まると授業妨害や万引きなどを起こしたりします。外泊もエスカレートしていくので、門限を決め、携帯電話も取り上げました。その電話に夜遅くかけてくる子がいるので、「もう関わり合わないで」と私は言いました。しかし息子は勉強をせず、部活にも行かず、毎日遊びほうけています。主人も、良くなってもらいたくて息子に言い聞かせていますが、何を言っても胸に響かないようです。私は疲れてきて「息子を産まなければよかった」「事故にでも遭って死んでしまえばいい」と思うようになり、毎日涙が止まりません。何をどうしたらいいのかもう分かりません。
(N・H、40歳、女性)

回答 子供はみんな親から愛されたいのです。息子さんは本来素晴らしい神の子だと認め、信じてあげて下さい

回答者:岩本 悟(生長の家本部講師)

私には4人の子供がおり、2人の息子がいます。二男が中学生の時に集団万引きを行い、警察に補導されたことがありました。私も親として出頭し、注意されました。私はその時、息子を責めるより、親としての至らなさを反省しました。
 5人の万引き仲間とスーパーなどを謝罪して回り、そして警察の補導員の方に、この子らを魚釣りの船遊びに連れて行くことの許可をお願いしました。私自身、仕事に明け暮れて、子供とのふれ合いの時間を持っていなかったことの反省もありました。
 船酔いを懸念して船釣りを拒んだ子供もいましたが、私は、自分のためでなく、家族のために魚を釣っていると思えば船酔いはしないということを話し、人のためになる生活をすることなどを指導しながら、一日、船釣りを楽しみました。釣りの成果は大漁で、5人の子供達がそれぞれ多くの魚を手みやげに、喜んで帰っていったのです。
 後日、その子供達が明るい顔で私の家に来て、今度はいつ連れて行ってくれるのかと催促するようになりました。私は子供達を釣りに連れて行く前、了解を得るために家々を回り、子供達が魚を持って帰ったら家族みんなで喜んで召し上がって下さいとお願いをしたのです。
 たくさんの魚を持ち帰った子供達を、家族のみんなが英雄みたいにほめたたえて下さったのだと思います。この時から、この子供達が素直になり、学校も真面目に通うようになったと、子供達の親から聞かされました。

誰よりも信じてくれる人を裏切ったりはしない

子供だけではなく、人はみんな、認められたい、ほめられたい、愛されたいという共通的願いがあります。この願いが満たされない時に、反抗的になり、非行に走ったり不健康になったりします。子供はみんな親から愛されたいのです。認められたいから、目立つことをしてしまうのです。
 子供はある意味で、親である私達を、私生活を正してくれる観世音菩薩のように導いてくれることがあります。自分の親に対して感謝して親孝行していたか、夫婦調和していたかなど教えられることは多いものです。
 もちろんあなたの息子さんも例外ではありません。本来素晴らしい本質をもった神の子さんだと思います。それを「産まなければよかった」などと考えることは、かえって息子さんから反感を買うことになってしまいます。念は言葉に出さなくても必ず感応するのです。
 悪い行動を起こす息子さんをよくしたいと考えるのではなく、息子さんは本来素晴らしい神の子だと認めることです。誰よりも信じてあげて下さい。自分のことを誰よりも信じてくれる人を裏切ったりはしないし、泣かせるようなことはしないものです。特に親を誇りに思いたいし、誰よりも自分を信じてほしい、愛してほしいのです。
 いつも行動を共にする友人は、今の息子さんにとって一番信頼できる人なのでしょうね。親がこうでなければならぬという枠を造って、子供を縛ってはなりません。親の心による縛りをほどいて、信じて、解放することが本当のしつけではないでしょうか。
 そして、認めて、ほめて、引き出す。これが生命の教育であり、素晴らしい神の子さんが育って行く秘訣です。家族円満の生活を送られますことを心からお祈り申し上げます。

(生長の家富士河口湖練成道場総務)

このQ & Aは、『理想世界』平成21年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲