TOP > Q & A > 教育問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたのお子様の教育問題は?

質問 息子が公立高校に合格するために、親としてしてあげられることは

中二と小四の男の子がいます。上の子は来年、高校受験なので、今から「公立高校に絶対入ってね」と言い聞かせています。お金があれば私立でも良いのですが、ローンなどがありますし…。本人も自覚して、塾に週二回通っています。でも家では試験期間以外は宿題をするだけで、ゲームをしたりマンガを読んでばかり。性格的におとなしく、試験では緊張してしまうようでミスも多いです。親がガミガミ言うのは良くないと思うのですが、このままでは私立に行くことになり、私もパートを増やさなければならず不安です。やはり良い高校、良い大学に行かなければ、良い会社には入れないのかと思います。親として子どもにしてあげられることは何でしょうか。
(A子)

回答

回答者:西田 照子(生長の家本部講師)

お子様の高校受験に向け、落ち着かない日々をお過ごしのことと存じます。
 お母様としては、自宅で勉強している子どもさんの姿を目にしないと、さぞかし不安になられることと思いますが、毎日学校で勉強をされ、その上、塾でも勉強されているご様子ですので、今はきっと自宅では気分転換のためにゲームなどをされているのではないでしょうか。
 高校を受験させるにあたり、親の思いを優先させるのではなく、本人の希望を聞きながら、受験する高校を選ばれるのが良いと思います。今の社会状況を見ますと、良い高校、良い大学への進学が、必ずしも良い会社への就職にはつながらないようです。さらに、過去に就職の競争率の高かった一流企業が倒産したりしているのが現状です。
 生長の家では、「唯心所現ゆいしんしょげん」といって、心で思ったことが実現することを教えていただいています。遊んでばかりいるお子さんの姿を見て、「また、遊んでばかりで、勉強をしていない」と思えば思うほど、お子さんはお母様の心の縛りを感じて、勉強から遠ざかってしまいます。
 「必ず高校受験に向けて真剣に勉強をします」とお子さんのことを信じましょう。お母様の信じ切った思いがお子さんに現れ、自分から勉強に取り組むようになるでしょう。神様の“み心”に全托ぜんたくされることをお勧めいたします。
 最後に受験生を持つ親としてお子さんにしてあげられることは、「あなたは神の子で、無限の力があるのだから、やれば何でも出来るのよ!」と、常に励ましのコトバをかけてあげることです。また、お子さんが学校や塾から帰宅した際には、「頑張っているわね。絶対、志望校に合格するわよ」など、明るく肯定的な言葉で讃嘆してあげて下さい。
 お子様の志望高校への合格を、心からお祈りいたしております。

 

このQ & Aは、『白鳩』vol.2に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲