TOP > Q & A > 教育問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたのお子様の教育問題は?

質問 ギャンブルにお金を使い果たす35歳の娘。どう言い聞かせればいいでしょうか

三十五歳になる独身の娘は、県外でひとり暮らしをしながら、真面目に仕事をしています。しかし給料をギャンブルにつぎ込んでは、お金を貸してと親に泣きついてきます。その都度、生き方を変えなさいと、口やかましく言い聞かせるのですが、分かっていると言いながら、また同じことを繰り返す有り様です。因果の法則をよく耳にしますが、私に足りないところがあるから、こういう結果を招いているのでしょうか。また娘にどうやって言い聞かせればいいでしょうか。
(B子・66歳)

回答

回答者:上原 功(生長の家本部講師)

私も子どもたちと離れて生活していますので、娘さんのことが心配なお気持ちはよく分かります。愛するわが子がギャンブルに依存した生活を送っている状況では、悩みも深いものとお察しします。
 ギャンブル依存の原因は、愛情不足が考えられます。幼い頃の家庭環境や、現在置かれている環境によって、本人も意識しない心の葛藤があるのかもしれません。止めたいけれど同じ過ちを繰り返すことに一番悩んでいるのは、ご本人かもしれません。給料をギャンブルに費やすのは、現実逃避の願望の現れと見ることもできます。賭け事には高揚感がありますから、心を麻痺させるような感覚から逃げられないのです。
 そうした誘惑に打ち克つためには、何か他のことに熱中できるよう導くことが必要です。親として優しく見守りながら、娘さんとの会話の時間を多く持って愛情を示しつつ、一緒に解決方法を模索してあげてはいかがでしょうか。
前生長の家総裁・谷口清超先生は、「人間は何歳になっても進歩向上する素質を持っている。『人間・無限力』とはそういうことであって、もう手遅れということはない。忍耐強く練習をし、訓練すれば、必ずよい子に育つし、よい娘や息子の神性が“復活”するのである」(『限りなく美しい』184ページ)と説かれています。また、生長の家では、一時的に不完全な姿を現していても、現象の奥には完全円満な実相の姿があると説いています。
 その実相を現し出すために、先祖供養、流産児があればその供養もお勧めします。日々の明るい出来事を綴る『日時計日記』を活用し、娘さんの美点を見つける習慣をつけましょう。もう一度、子育てをやり直すつもりで、娘さんの完全円満な姿を見つめながら、共に明るく生き生きとした人生を送って下さい。

(生長の家富山教区教化部長)

このQ & Aは、『白鳩』No.16に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲