TOP > Q & A > 教育問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたのお子様の教育問題は?

質問 無気力の孫のやる気を引き出すには

中学二年の男の子の孫は何に対してもやる気がなく、成績も悪く、家ではゲームをしたり、マンガを読んでばかりで、注意されるとカッとなって勉強を放り出します。親は共働きですが、三人の子どもの中でこの子に一番手を掛けたと言います。このままでは高校受験も心配です。どうすればやる気が起こるでしょうか。
(A子・71歳)

回答

回答者:熊本 司(生長の家本部講師)

 お手紙を拝読し、お孫さんを思われる心の痛みが伝わってまいりました。
「やる気がなく、成績も悪く、ゲームやマンガばかり」とおっしゃいますが、多分、お孫さんは勉強嫌いで何をするにも自信がなく、集中出来るような目標もなく、ゲームやマンガに逃避しているのでしょう。
 そういう時、何とか良くしてあげたいと、お孫さんに注意すると、かえって逆効果になってしまうことがあります。多分本人は、このままではいけないと思っているのに、注意されると火に油を注ぐことになり、「カッとなって勉強を放り出す」ことになってしまうのです。こういう場合、悪い所を良くしてあげようとするよりも、お孫さんに対して生長の家の「日時計主義」を実践しましょう。
 谷口雅宣・生長の家総裁は『日時計主義とは何か?』(生長の家刊)の中で、「『貴方はこの方面で優れているから、その優れた面を他のこういう側面にもに応用すれば、もっとうまくいく』と助言し、相手の隠れた能力(実相)の顕現を信じて待つ方が望ましい」(35ページ)と説かれています。
 大人でも子どもでも、人間には認められたい、讃められたい、愛されたいという根本的な願いがあります。お孫さんにやる気を起こさせるためには、良い点を見つけて、それを認めて、讃めてあげることです。
 最近私が聞いた体験では、フリーターになるからと、全く勉強もせず、ゲームやマンガに没頭していた女の子が、高校の先生に讃められたことで大学に進学する目標が決まり、今までの遅れを取り戻そうと猛勉強を始めたそうです。大丈夫です、お孫さんは必ず良くなります。
「完全円満な実相がその背後にあるから必ず良くなる」という強い信仰と信念をお持ち下されば、お孫さんは必ず、かつての素直な明るいお子さんになられますよ。

このQ & Aは、『白鳩』No.69に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲