TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 目標も夢もない今の人生を変えたい

現在、人生や転職のことで悩んでいます。学生の頃は夢をもって大学へ進学したのですが、卒業の単位を取るのに追われ、結局は地元の町工場に就職してしまいました。入社後は、目標も夢もなく、ただ安月給をもらうために働いています。このままでいいのだろうかと思うことが多く、この先どう生きていけばいいのかわかりません。転職といってもこれといった得意がなく、結局は現状からもう一歩踏み出す勇気もありません。こういう悩みをもっている人は私ばかりではないと思います。どうか良きアドバイスをお願いします。
(K・Y、26歳、男性、愛知県)

回答 人生は決断しだいでどのようにもなります

回答者:三好 雅則(生長の家本部講師)
今の会社で実力をつけることが第一

あなたの質問を、サッカー選手に置き換えると、次のようになるのではないでしょうか?
「Jリーグへ入る夢を描いて高校に入ったが、毎日の練習課題をこなすことに追われ、肝心の試合で決定的なチャンスをことごとく生かせなかった。そのためJリーグではなく、レベルの低い社会人チームに入ってしまった。今では夢をなくし、惰性でサッカーをやっている。こんなチームで、こんな毎日を送っていていいのだろうかと思うようになり、転籍を考えるが、得意なポジション、プレースタイルが分からないので、その勇気もない」
 私が監督なら、こんな選手はレギュラーから外します。チーム全体のモチベーションが下がり、チームにとってマイナスだからです。
 この選手が現状を打破するには、まず、「結果が出ていない」という“事実”をしっかり認識することですね。そして、その現状を打破するには、言い訳やそれに根ざした転籍ではなく、チームに貢献できるだけの実力をつけること以外にはありません。パスに正確性が欠けているなら、繰り返し練習し、正確なパスが出せる技術を身につけることです。
 あなたが今の会社で営業を担当しているのなら、まず、営業マンとしての実力を磨き、誰にも負けないだけの成果を挙げ、会社の発展に貢献するのだと決意することをお勧めします。技術者でも同様です。転職を考えるのは、その後でいいでしょう。

あなたにとって今の会社がいちばんふさわしい

あなたは、「いままで会社でそれなりにやったけど、一向に実力は上がらなかった」とおっしゃるかも知れません。が、あなたの場合、懸命にやっても実力向上に結びつかなかった理由があるのです。“言い訳”や“現状への不満”は“今の仕事”への集中を妨げます。これはサイドブレーキをかけたまま車を発進させるのと同じようなものです。
 大脳生理学によると、脳は価値と認めることを実現する方向に活性化し、結局、実現してしまうといいます。あなたは、自分の職場・仕事に価値を認めていないのですから、脳力は発揮されることはなかったというわけです。ならば、サイドブレーキ(言い訳、不満)を外して、思い切り前進すればいいのです。
 過去がどうあろうとも、今の場所以外にあなたの存在する所はないのです。同時にそこは、あなたが生きてきた“掛け替えのない人生”の、ある意味では到達点なのです。
 それをまず認め、さらに、あなたは自分自身に対する観方(みかた)、つまり人間観を変えてください。人生はあなた自身の決断、観の転換のいかんで、どのようにでもなるからです。
 生長の家総裁・谷口清超先生は次のように示されています。

「人間は環境の主人公であり、環境の奴隷ではなく、肉体の奴隷でもない。ところが人間を肉体と思ったり、環境のせいでこうなったと信ずれば信ずる程、そのような傾向になるのだ。心を支配するのは、人間の『本心』、即ち神性(しんせい)であり、仏性(ぶっしょう)である。その本心を認めるか否か、それを開顕するかどうかで、人間はいつも明るくたのしく、生々と生活する者となるか否かが決るのである。環境の奴隷とならず、その主人公となれ」(『伸びゆく日々の言葉』日本教文社刊、76ページ)

あなたの本質は素晴らしい力をもった神性・仏性そのものなのです。今、決断し、実行に移してください。必ず道は開けます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成15年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲