TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 整形はだめですか

友人たちの間で美容整形をする人が多く、私もまぶたを二重にしたいと思っています。整形した友人はかわいくなっているし、表情も前より明るく感じます。問題なのは両親が反対して許してくれないことです。整形で気持ちが前向きになれるなら悪いとは思えません。そもそも人格が変わるわけでもないし、整形くらいで反対するのはおかしいのではないでしょうか。
(S・U、19歳、女性、東京都)

回答 人間の美しさは、流行的な容姿の美しさを超えたところにある

回答者:岩本 悟(生長の家本部講師)

美容整形についてのご相談でございますが、人は誰でも美しくありたいという願いがあります。あなたは美しくなるために美容整形を受けたいという気持ちでいらっしゃいますが、私は本音のところお勧めしたくありません。美容整形手術を受けても自分の思ったとおりにならず、何回も美容整形を繰り返し、悲しい人生を送った人を知っているからです。
 人間は誰でも生まれたときに、神様はその人に最も適当した眼や鼻をつけて下さっているのです。事件捜査のためにコンピューターを使ったモンタージュ写真をテレビなどでご覧なったことがあると思いますが、目撃者から輪郭などの特徴を聞いて眼や鼻を入れると大体の姿形が出来上がっていくのです。
 コンピューターでもこのような特徴の人にはこんな眼とか鼻を示すように、その人に最もふさわしい眼や鼻や口や耳をすでに与えられているのです。そこへ人工的に外から眼などを付け加えてもアンバランスになって、最初は良いと思ったものが自分でも嫌になったりいたします。ある部分だけに固執するのではなく、全体的に見ればすべてバランス良く整っている事を見逃してはなりません。

あなたの個性は神様が表現されたもの

私が知っている女性は、鼻を高く筋の通った形に整形しました。しかし、自分で良いと思っていても、つき合うようになった彼氏からは、「鼻が高いね」とは言われても、「きれい」とは言われなかったそうです。彼女は悩みだして写真に写ることさえ嫌うようになってしまいました。
 人の悩みは、他と自分とを比較対照することから始まることが多いものです。美しいということも、誰を対象にして美しいとか可愛いとか思っているかという事が問題だと考えます。
 私は生まれつき二重まぶたですが、小学生の頃、ある人から二重まぶたの人は嘘つきが多いという話を聞きまして、大変悩んだことがありました。たとえば人気タレントはみんな二重まぶたでしょうか。そうではないと思います。
 確かに目が二重でパッチリしている方が可愛い・美しいという時代もあります。しかし、ある時代では二重まぶたは流行らないときもあったわけです。今日のようにテレビやグラビアなどの情報化時代では、人気タレントの出現などに大きく左右されやすいようです。あなたが二重まぶたになりたいといわれることも、友人達の影響を受けられた流行的なものではないでしょうか。

心がけ次第で人相は良くも悪くもなる

生きがいをもって輝いている人はみんな美しいものです。人相というものは、固定したものではなく、過去から蓄積された結果としての現在の心境が形に表れているのでありますから、自分の人相を観て、よく反省し、悪い業(ごう)の表れが出ていましたら、それを補うような、善行を励むようにすれば、必ず良くなります。
 目尻が鋭く上がっている人は、心が鋭く、度量が狭く、人を赦(ゆる)さず、目上に対する反抗心が強いということが表れています。でも、寛容の心を養い、人を赦し、人の美点を観て讃嘆できる明るく喜べる心になったら、目尻も下がっておだやかな顔になります。
 あなたの人生における主人公はあなた自身です。他人によってあなたの運命が左右されることはないのです。世界中にあなたは外にはいないのです。姿形のない神様の無限生命の表現口が私たち一人ひとりの個性ですから、他と比較して自分を卑下する考えはやめていただきたいと思います。
 あなたは素晴らしい個性をもった神の子さんだと確信いたします。神の子として自信を持って自分を好きになって下さい。

生長の家富山教区教化部長

このQ & Aは、『理想世界』平成16年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲