TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 自分に自信がもてず、生きがいが見つかりません

船員として20年働きましたが、責任者になってからのプレッシャーに耐えられず退職しました。その後再就職が決まり、また船員生活が始まり半年過ぎましたが、自分に自信がもてず、毎日、暗闇の中にいる気分です。家族の前では明るく振舞おうとしていますが、妻や子供のために頑張るしかないと思えば思うほど苦しくなってしまいます。どうすれば心が楽になり、生きがいをもって生活できるのでしょうか。
(U・T、38歳、男性、静岡県)

回答 自分の欠点を見ていると、人生に良いものが出てきません。意識して長所やプラス面を見ましょう。

回答者:竹内 智(生長の家本部講師)

親愛なるU・Tさん、20年も船員をされ、家族を支えてこられ誠にご苦労様です。
 38歳の今、自分に自信がもてず、毎日暗闇の中にいる気分とのこと、お悩みのご様子お察し申しあげます。
 しかし、よくご相談下さいました。大丈夫です。真理を知ればあなたの心の悩みは解決します。
 まず、心を明るい方へ転じましょう。毎朝、明るい太陽が昇ってきます。地球は爽やかに自転し、かつ太陽の周りを公転しています。夜には月が明るく地上を照らします。自然は四季折々、あなたの周りを美しく飾ってくれています。空気も水も求めなくても与えられています。
 このように、良きものがいっぱい自分の周りにあることに気づきましょう。観方を変えましょう。世界は決してあなたが思っているほど暗くはないのです。真理を知らないばかりに、間違った心の習慣に気づかず、あたら運命を暗くしているに過ぎません。

“本物のあなた”に気づく

たとえば、水の入ったコップの中に箸が突っ込んであるとしますね。その箸はきっと折れて見えるに違いありません。写真に撮ってもやはり折れて写るでしょう。しかし、箸は折れてはいません。水の中から箸を引き抜いてみたら、箸はまっすぐだとわかりますね。このように、“本物のあなた”と“見てくれのあなた”とは違うということを知ってください。
 あなたの気がつかない良い所や素晴らしい長所が“本当のあなた”の中に一杯詰まっています。それに気づかないと、力の出しようがないのです。たとえば、サイフの中に1万円入っていても、サイフは空だと思っていると空腹でもレストランに入ろうとは思わないでしょう。
 そのように“本物の自分”に気づかず、自分の欠点ばかり見ていると、人生に良いものが出てきません。明るい良い人生を得るには、意識して自分の長所やプラス面を見ることです。ノートなどに自分の良いところを探し出して書いてみてごらんなさい。
 ①20年も船乗りをやってるなんて俺も根気強い男だなあ。
 ②自分は妻や子供を愛している。
 ③自分は体が頑強だ。
 ④自分は38歳、男盛りだ。
 ⑤自分の人生はこれからだ。
 ⑥妻も子供も元気でありがたい。
 等々、自分の長所や恵まれている所はいくらでもあります。きっと素晴らしい自分に気がつき、自信が出てくるでしょう。
 あなたは船員だからよくご存知でしょう。船は船長の命令で動きますね。運命という字は「いのち」を運ぶと書きます。運命の命という字は命令の命であり、命令は言葉で行うでしょう。つまり運命とはコトバを運ぶことですね。
 生長の家では、「身(しん)、口(く)、意(い)」の3つの働きをコトバの働きと言っています。口からでる言葉の他に、心に思っていることや表情など、みなコトバといって、運命を決定づけるものと言われています。
 良い言葉を使い、明るい心を持ち、ニコニコ笑顔で生活すると素晴らしい運命がやってきます。どうです、やってみませんか。これからのあなたの運命の船は順風満帆に走りだすでしょう。人に対する不平不満は暗い運命を呼びます。何にでも感謝する、明るい生活を始めて下さい。

父母、ご先祖への感謝が運命を変える

私たちは一人では生きられません。1枚のパンも、1杯のご飯も、人さまの働きのお蔭です。住んでいる家も、着ているものも、同様ですね。
 また、あなたの今使っている肉体は父母から頂いたものです。あなたが勝手にこしらえたものではありません。父母がいなければ人はこの世に存在できないのです。だから肉体は父母のプレゼントであり、最も大切な贈り物と言っていいのです。
 この大切な贈り物を下さった父母に感謝しましょう。そしてその父母を生んでくださったのがご先祖です。父母やご先祖を大切にしないと現実の生活がうまく行かなくなるのです。あなたは父母やご先祖を大切にしていますか。父母に感謝することや、先祖供養の大切なことなどを学んで下さい。
 先祖供養のやり方がわからない場合は生長の家の教化部にお尋ねください。今、人生の転換を図る良いチャンスです。自信をもって人生に立ち向かって行くために、ぜひ真理を学び、かつ実践して、素晴らしい人生を送って頂きたいと念願いたします。

生長の家栃木教区教化部長

このQ & Aは、『理想世界』平成16年9月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲