TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 人のお役に立つには何をすればいいのですか

僕は大学の野球部で練習に打ち込んでいます。野球は楽しいのですが、心の中では充実感がありません。それはプロ選手になってお金持ちになりたいとか、有名になりたいとかということが目標だからかもしれません。先日、身寄りのない施設の子ども達の世話をする大学生のボランティアをテレビで見て感動しました。世の中には政情不安の国に命懸けでボランティアに行く人もいるというのに……。こんな僕でも誰かの役に立ちたいのですが。人の役に立つとはどんなことをすることでしょうか。
(I・H、20歳、男性、大阪府)

回答 人の役に立つことに上下の別はありません。小さなことでも、喜んでもらえることはたくさんあります。

回答者:伊藤 夏樹(生長の家本部講師)

今日、街のところどころに見られる落書きや、電車などで老人を前に座席を譲ろうとしない一部の人々などをとらえて、優しさや思いやりが足りないとか、自分勝手な人が増えたなどと嘆く声があります。
 その一方で、あなたのように「誰かの役に立ちたい」と願う人は少なくなく、たとえばボランティア活動に参加したいと考えている人の数は、3人に2人の割合とも言われています。
 他のために愛を施すことに努めている方々が増えているのは、日本の未来を明るくしてくれる、とても素晴らしいことですね。学業のかたわら、時間を割いて、あるいは遠い海外にまで出向くなどして、労苦をいとわず他の人のために尽くすことを、私も本当に尊いことだと思います。

「ニコッ」と挨拶するだけでも素晴らしい

あなたが今から決意して、勉強・訓練し、必要手続きを経て、近い将来、施設の子ども達のお世話をしたり、不幸な人々の支援に海外に出かけて活動することを選ぶのでしたら、心からエールを送らせて頂きたいと思います。
 しかし、ここでは、特別な準備を必要としない、今すぐはじめられる人の役に立つことを紹介させて頂きたいと思います。それは、とても簡単で、「目の前にある小さな善いことを行う」ということです。
 私は学生時代に、ボランティアサークルの一員として、公園などの清掃奉仕活動や養護施設に慰問に出かけたことがあります。老人ホームでは部屋の掃除を手伝ったり、話の相手をさせて頂いたりしました。
 最初、私が不慣れでうまく応対できないときも、皆とても楽しそうに話しかけてくださいました。こんなにも喜んでいただけるものかと嬉しく思ったものです。
 それと同時に、自分のちょっとしたことでも喜んで頂けるのに、普段の生活の中で、自分の家庭や近所などの周りのたくさんのお年寄りや子供たちのために、何もしていなかったことに気づきました。あらためて、人に喜んで頂くことが自分にも簡単にできるということと、喜んで頂ける対象が自分の周りにたくさんいることに気づいたのです。
 生長の家総裁・谷口清超先生は、「朝あなたが家族に『ニコッ』と笑って『お早う』と一言あいさつするだけでも、家族に喜びを与え、家庭の雰囲気をとても明るくする」『神性を引き出すために』日本教文社刊、101〜102ページ)とお説きになっています。

人への善行で充実した人生へと変わる

極めて簡単なことかもしれませんが、私たちは、このような簡単なことでも人の役に立つことができるわけです。他にも日常的にできることはたくさん見いだせるでしょう。
「お金持ちになりたいとか、有名になりたいとかということが目標だからかも」とあなたも理解しているとおり「自分のためだけに」生きても充実感は得られないものです。
 小さくても人の役に立つ善いことをどんどん行う。そうすることで確かに、あなたは、心の中からの充実感を得られることでしょう。まず今、目の前にある小さなことから、善いと思われることをはじめてみましょう。
 最後に、もう一つおすすめしたいことがあります。例えば、あなたのように人の役に立つことを決意し、実行する仲間の輪を広げることです。仲間が増えればそれだけ多く人の役に立つことができます。これらのことを実践することをぜひおすすめします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成16年9月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲