TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 意思が弱くてダイエットが続かない

私は身長が159センチですが、体重が60キロ台で、いろいろダイエットに挑戦しましたがどれも長続きしません。間食を減らせばいいのでしょうが、いらいらするとつい口に入れてしまいます。そして気が付いたらスナックを2袋くらい食べて落ち込んでいます。彼氏は体型を気にしないと言っていますが、いつかそれが理由でふられるのではないかと思ってしまいます。ダイエットを続けられる強い意思の自分にどうすればなれるのですか。
(H・Y、20歳、女性、福井県)

回答 物事を長く続けるには“あきらめない”ことが大事です。自分の本当の尊さを知れば、食生活も自然と調ってきます。

回答者:川上 忠志郎(生長の家本部講師補)

私は身長170センチに対し体重が78キロほどあり、筋肉質ではあっても明らかに“肥満傾向”です。その私がダイエットのアドバイスなんて……と悩みましたが、一念発起、とにかく私自身からダイエットを始めることにしました。
 まずは食生活の改善。朝は消化のよい野菜や果物にし、昼食・夕食は普段通りでしたが、夜8時以降は間食をせず、水分以外は摂らないようにしました。体が慣れるまでは午前中、お腹がすいて仕方ありませんでしたが、迎えた昼食の美味しいこと! こんな美味しい食事を食べられる私はなんて幸せなんだ! 食事を作ってくれる妻や、勤務先の生長の家総本山の厨房の皆さんありがとう! と、しみじみ感謝の思いがわいてきました。
 自分の食生活を変えただけで、今まで気づかなかった、“当たり前に感謝できる自分”になったのです。やがて間食をしたくなくなり、夜も必要以上に食べなくなりました。食生活にサイクルが出来たようで、2週間後には2.5キロ痩せていました。体調も十分です。

失敗を恐れず、やり出そう

私は専門家ではないので、ダイエットに関する方面のアドバイスはできませんが、“心の持ち方”についてはアドバイスできます。ダイエットに限らず、物事を長く続ける方法は“あきらめない”ということにあるのではないでしょうか。失敗してもあきらめず、へこたれず、明るく前向きに努力するのです。
 生長の家総裁・谷口清超先生はご著書『伸びゆく日々の言葉』の中で次のようにお説きになっています。

「『やっても、三日坊主だから』と、最初からやらないよりも、三日坊主でもよいからやり出せ。するともしかしたら四日、五日と続くのである。ところが始めからやり出さなかった人は、三日坊主となり、四日坊主となることも不可能である。とにかくやり出そう。そこから、必ず新しい人生が開けてくる」(116〜117ページ)

このように、三日坊主となっても最初からやらないよりは良いのです。ダイエットも三日坊主で終わっても、またチャレンジすれば良いのです。やがて四日、五日と続くようになり、最後は必ず成功します!
 さらに周囲に目を転ずれば、自分を生かし支えて下さる様々な人や物に気づくはずです。そのすべてに感謝する生活を送ることが大事です。
 私自身、今回、痩せたのもさることながら、日頃忘れがちな「感謝の生活」を思い起こせたことは何よりの喜びでした。あなたが私を導いて下さったのです。本当にありがとう!
 このように、人に喜ばれる尊い存在が“本当のあなた”なのです。あなたの内にある素晴らしさは、外見の美しさと比べものにならないほど尊いものであることを知っておいてほしいと思います。

自分のプラス面を数えよう

自分の尊さに気づけば、もう「ダイエットが続かない」と自分のマイナス面を数えるのは止めて、プラス面を数えましょう。まずあなたは健康です。そして何より素晴らしい彼がいる。「体型を気にしない」というのは彼が外見ではなく“本物のあなた”を愛しているからです!
 もっと自分に自信を持って、素晴らしい彼に、そして自分自身に感謝しましょう! 今与えられている環境への感謝、そして“当たり前”への感謝が人を幸福にするのです。その気持ちになれたとき、きっとイライラもなくなり、間食も減りますよ。
 自分の素晴らしさを発見するためにも生長の家の練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)に参加してみませんか? その中で行う「献労」という奉仕作業は、感謝の大切さを体得でき、適度な運動にもなります。ぜひお勧めします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成16年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲