TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 あこがれの仕事を目指して勉強しているが自信がない

独学で中国語を勉強してきました。父が仕事でよく中国に行き、話を聞いているうちに興味を持ったのです。中国語が生かせる仕事を目標にしたらと友人や家族は言ってくれ、それを目標に勉強しているのですが、私は学歴もないし、職も転々としてきたので自信がありません。こんな不況の時に私なんか採ってくれるところはないと思います。勉強してもやはり私には無理なのでしょうか。
(E・F、24歳、女性、兵庫県)

回答 神の“無限力”は全ての人に宿っています。「自分はできる」と前向きに努力することで、必ず道は開けます。

回答者:古田 圭司(生長の家本部講師補)

他国語を学ぶことは、これからの時代には大変必要なことです。お父様の影響もあり、独学で中国語を学んでおられるようですが、素晴らしいですね。私は昨年、生長の家秋田県教化部(生長の家の布教・伝道の拠点)に赴任しましたが、日本語である秋田弁がよくわからなくて四苦八苦しているのに。
 中国の人口は日本の10倍で、12億5千万人ぐらいだそうです。同じアジアの隣国であり、今後、貿易を中心として益々関係が深まっていくでしょう。しかし、日本と中国では国民感情がギクシャクしていてうまくいっていないところがあります。欠点や悪い所を見て批判し合うのではなく、お互いの国の素晴らしさを語り合い、もっと親和な関係になれるように、その一翼(いちよく)を担う活躍ができればいいですね。
 先日、私が生長の家の研修会の参加のため北海道に行ったときのことです。帰りの航空券がどう探しても見つからないのです。もしかすると昨日立ち寄った場所に置いたかと思い、車で高速道路を往復3時間、5千円かけて戻ってみましたが無かったのです。
 がっかりしましたが、もう一度カバンの中身を全部出してみたら、なんと底敷の下に入っていました。切符は始めからカバンの中にあり、大騒ぎして探さなくても本当は持っていたわけです。
 生長の家では、全ての人に「無限力」があると教えています。神様から与えられた自分自身の素晴らしさにあなたは気づいていないのでしょう。先ほどの私の体験のように、無限力があっても気づかないと使うことができません。
 学歴のことや職も転々とされ、就職先が見つかるかどうか自信がないようですが、「自分はできる」と前向きに考えることが大切です。そして、夢に向かってコツコツ努力すれば、道は必ず開かれます。

始めからできないと思えば、何もできない

あなたもご存じだと思いますが、アメリカの大リーグで活躍するイチロー選手。彼は高校生のとき、日本プロ野球ドラフト会議で4位に指名されましたが、親戚一同から「おまえは一流選手になれない」と言われたそうです。誰が見ても立派な体とはいえませんから仕方ありません。
 しかし、イチロー選手は、「始めからできないと思っていたら何もできない。絶対一流選手になってやる」と心に決めてトレーニングし、彼の体の特徴を生かしたあの独特な打法を生み出し、今や日本から飛び出して大リーガーとなり、シーズン最多安打の世界記録を達成したのです。その栄光の影には「決意と実行」、必ずできるとの決意とたゆまぬ努力があったからこそだと思います。
 イチロー選手は、みんなから「おまえは無理だ」と言われました。でもあなたは、友人や家族から、中国語を学んでいることを応援してもらっているのですから、その人たちに感謝しつつ、大きな目標を立てて「必ずできる」と自分自身を信じて挑戦してください。
 そして、明るく笑顔で生きることです。この頃は、学歴よりも実力を優先する企業が増えつつあります。あなたにふさわしい仕事は必ず見つかることと信じています。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年2月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲