TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 大学を退めたいが両親が反対しています

僕は建築士を目指して今の大学に入りましたが、どうしても好きになれない教授の授業があって、何回も単位を落としています。大学全体の雰囲気も授業も殺伐として、授業に集中できるような雰囲気ではなく、講義をする教授にも魅力がありません。いっそのこと大学を退(や)めてしまいたいと思っていますが、そのことは両親や親戚から反対されて理解が得られません。両親からは「縁あってその大学に入ったのだから」と説得されてしまいましたが、自分の心の願いを実行しないのはどうかと思っています。この葛藤を解消して、すっきりした気持ちで自分の力を出したいのですが。
(Y・T、22歳、男性、福岡県)

回答 現れてくる問題を神に全托して、「今」を生ききりましょう!

回答者:岡田 幸久(生長の家本部講師補)

私も、浪人時代に進路のことで悩んだ経験があり、あなたの気持ちがよく分かります。さて、あなたの問題の回答ですが、当たり前の話で恐縮ですが、人生というのは、選択の連続なのです。自分の意志であろうが、なかろうが、現れてくる出来事に、私達は必ず選ばなくてはなりません。それは、すべての人間は「人生の主人公」だからです。
 この世に生まれてくることも、自分が両親を選んで生まれてきたのであって、勝手に生まれてきたのではないのです。生まれてくる前の事など知らないのは当然ですが、同じようにこの世の人間が知らないだけで、身の回りの一切の出来事は、潜在意識(内部にひそんでいる心)が引き起こし現して、知らない間に選択するようになっている場合が多いのです。
 あなたが人生の岐路と思われる選択に躊躇(ちゅうちょ)して考えてしまうのは当然ですが、真理(法則)から言えば、それは、あなた自身の心(潜在意識)が引き起こし創り出したことですから、その解決の仕方もあなたが知っているのです。つまり、意識の世界を創り出している源、あなたを生かしておられる神様の生命にその力があるのです。
 その生命は意識の世界の奥にあり、生かされている人間には、すべてを把握することは不可能ですが、観じることはできるのです。その(内なる神様)生命の力ほど確かなものはないのですから、安心してゆだねると最も良き方向に導いて下さり、あなたらしい生き方ができるのです。是非、神様の世界のみを観じる神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)を日々実修して下さい。ただし、神想観を、目的を達成するための手段とはしないで下さい。
 神にゆだねると言うことは、何もしないということではないのです。全托して、心が安定すると、最もよき解決法が浮かんできます。その中には、将来を考える智恵や両親や周りのことを思いやる真の優しさ等が満ち溢れていると思います。時が経つにつれて、状況は絶えず変化しますから、時々刻々、最も適切だと思う事を実行していけばいいのです。
 時には失敗したと思う事があっても、神様と1つであることを思い出し、勇気を出して、良いと思うことを続けて実行していくと必ず神様の導きがあり、不思議に目の前の問題など、問題ではなくなります。

今与えられていることを敢行する

『生命の實相』(生長の家創始者・谷口雅春著、全40巻、日本教文社刊)第7巻には、次のように書かれています。

「『生長の家』の兄弟よ。今があなたの時なのだ。今! 実に今だ! 今のほかに時はない! 兄弟よ。今あなたに与えられているすべてのことを今断々乎(だんだんこ)として敢行せよ。今あなたに可能であると見えることをなんのためらいもなしに今実行せよ。これが『生長の家』の生き方だ。そして生命の生長の法則にかなう道だ」(56ページ)

 私達は、過去にも未来にも生きていないのです。今、この瞬間しか生きていないのです。一瞬一瞬、私達を生かして下さっている生命を思う存分発揮して、よろこび溢れる人生にしていきましょう!

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年10月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲