TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 何をする気も起きないが、気持ちは焦る

大学卒業後、自分の希望にかなう就職ができなかったので8ヵ月ほどアルバイトをしていましたが、それも面倒くさくなり、今は働いていません。両親や兄から、早く働け、親戚に会わせる顔がない、などと毎日のように言われ続けています。僕は今の状態が良くないことは分かっているのですが、どうしていいのか分からず本当は悲しいんです。少しでも前向きになれる方法があれば教えて下さい。
(Y・G、23歳、男性、福島県)

回答 コトバには運命を好転させる力があります。自分がやりたいことを書き出し、実現を信じて祈りましょう。

回答者:山内 彰(生長の家本部講師補)

自分の希望に適った就職が出来なくて残念でしたね。しかし、「僕は今の状態が良くないことは分かっているのですが、どうしていいのか分からず本当は悲しいんです」という気持ちは、「本当の自分はこうではない」という「本当の自分」をあなたが心の底で自覚しているから悲しくなるのです。
 このことを相談してきたあなたは、本当の自分を自覚する素直で真面目な所が素晴らしいですね。あなたと同じような年代で、どうしてよいか分からず「どうでもいいや」とやけになって暗い人生を歩んでいる人もいるのに、あなたのように相談するという行動を開始した方には素晴らしい道が開けます。
 では、道が開ける方法をお答えしましょう。あなたは人がどう思うだろうかと、人の目に心を向けているので気持ちが焦るのです。まず人のことは気にせず、あなたの内側も観てください。そしてあなたの内なる声を聞いてください。静かな所で心を落ち着かせ振り返ってみるのです。
 小さい頃にはやりたいことがあったと思います。それを紙に書き出してみましょう。それもたくさん箇条書きにしてみましょう。両親に言えないことでもいいのです。そして、自分がこの世に生まれてきた使命は何なのかを、内なる神様に聞くのです。箇条書きしたものの中から、一日中やっても疲れず、それをしていれば自分で自分を称讃出来るものを選んでみて下さい。
 働くとは「端(はた)を楽(らく)」にしてあげることです。愛を出すことです。愛は出しても減らず、魂は喜びに満たされるものです。それは格好の良さではなく、肩書きでもないのです。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は「使命邁進(まいしん)の神示」の中で、「人がどう思うかも知れぬと、そんなことばかり気にかけているようなことでは心の苦しみは絶えぬものだ。自分がどの位愛したか、自分がどんな仕事をしたか、そればかりを考えるが好(よ)い」(『御守護 神示集』谷口雅春著、日本教文社刊、47〜48ページ)とお示しになっています。
 あなたが使命を自覚したとき、ご両親も必ずあなたを認めて下さいます。

明るいコトバを自分に語りかける

あなたの願望を実現するには、次のことをやってみて、外へ向かって前進してください。

①コトバの力を駆使しよう。
 焦らないようにしようと思っても、そう思えば思うほど焦るのが心の特徴です。しかし心を支配するのは祈りの力です。
 祈りとはイノチのノリゴト(宣言)でありコトバであります。あなたが自分のやりたかったことを祈ってみて下さい。ありありと自分の願いが実現している有様を心に描くのです。心を支配して内在の無限力を発揮する方法は神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)を実修することです。生長の家教化部(布教・伝道の拠点)では、神想観のやり方を教えてくれます。
②『祈りを成就し堅信を築くための奇蹟の手帳』(谷口雅春監修・生長の家本部編集、日本教文社刊)の活用。
 この手帳は祈りの練習帳として作られました。左のページに祈りを書き込み、祈りを始める。そして祈りの結果と感謝の言葉を右ページに書きます。あなたの場合は「神様○○を実現して下さい。実現する方法を教えて下さい」と書き、神想観を行えばよいでしょう。
③練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)参加。
 これを機に、生長の家練成会に参加してみて下さい。私の勤務する生長の家総本山では、一般練成会や献労練成会が開催されており、特に献労練成会は自然の中での奉仕作業を通して働く意味を教えてくれますので参加をお勧めいたします。

 最後に生長の家副総裁・谷口雅宣先生のホームページ(http://www.masanobutaniguchi.com/)に載っている「日々の祈り」の中から「コトバの力を駆使して運命を創る祈り」の一節を紹介します。

「現象世界にそれがまだ充分映し出されていなくとも、私は真・善・美の“痕跡”を見つけ、身(しん)・口(く)・意(い)のコトバの力によってそれを引き出すことができます。それが私の喜びです。生き甲斐です。使命です。私の運命は、こうして善なる方向へ着々と形成されていくのです」

あなたも真・善・美の「痕跡」を見つけて明るい未来を築いて下さい。生長の家総本山よりあなたの実相(神が創られたままの本当のすがた)が現れるようお祈りさせて頂きます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成18年6月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲