TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 努力をしているが結果が出ない

僕の父親は産婦人科の医院を営んでいます。両親は僕に跡を継いでほしいと願い、僕も子供の時から自分も医者になるものだと思っていました。それで医学部を目指しているのですが、すでに2浪しています。「必ず受かる!やればできる!」と信じてコツコツ努力しているのに成績はなかなか上がらず、結果も出ません。最近は両親の顔を見るのもプレッシャーに感じます。僕に足りないものがあるとすれば何でしょうか。
(E・K、20歳、男性)

回答 あなたの心を「不安」から「成功」へと一変させよう

回答者:坂江 建輔(生長の家本部講師)

何人といえども失敗を心に描きながら「合格する」ことはできないのです。それが法則です。あなたが合格するためには、あなたの心を「成功」へと一変させればよいのです。
 あなたの本来の願いは何であるかを、はっきりさせることがまず大切です。医者の家系を継ぎ、両親や周囲の期待に応えるため、という気持ちだけで医学部を受験しているのでしょうか。それとも、人の生命を守る医師に魅力と使命を感じて選択したのでしょうか、この機会にしっかり自分自身を見つめ直しましょう。
 あなたが医学の道を切実に求めているのであれば必ず成就します。医師になる心が決まれば、2年間の浪人生活のプレッシャーや不安は、自分が成功するための踏み石であったと感謝して勉強できるのです。
 生長の家創始者・谷口雅春先生はご著書『生命の實相』第7巻(日本教文社刊、全40巻)に、 「われらが今できる仕事に全力をあげてぶっつかって進む時、恐れることはない。目先にかえって失敗があらわれてこようとも、それがなんだ。失敗だと言うことを止めよ。失敗とはなんぞや?われらの望むところは、われらに宿っている『生命の生長』することではないか。『生命』ができるだけ豊富な経験を積んで生長することが本当の成功である」(57ページ)と書かれています。

断じて失敗を心に描くな

あなたの心に合格を描いて、決意したならば、それがなかなか実現しないからといって、途中で諦めてはなりません。それは目に見えない世界において確実に成就しつつあるのですから。
 失敗や困難は、あなた自身を磨き上げてくれる砥石です。あなたに宿る潜在能力は、困難だと見えるときほど無限力が湧き出るのです。勇気を奮い起こして前向きに前進すれば、結果はあとからついてきます。
 また、「最近は両親の顔を見るのもプレッシャーに感じます」と書いていますが、谷口雅春先生に神から啓示された神示には「神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ」と示されています。父母に感謝することは希望実現の基です。
 私は生長の家練成会 (合宿形式で明るく楽しく真理を学ぶ会)への参加をお勧めします。両親に心から感謝ができ、夢に向かって前進する大きな勇気が与えられます。また、神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)の実修も欠かせません。神想観のやり方は、『新版 詳説 神想観』(谷口雅春著、日本教文社刊)をお読みください。
 希望の実現には二つの方法を実行することです。一つは神想観を実修し「実相(あなたの中の真実の姿)」の素晴らしさを心の目で観ること。二つは努力によって実力をつけ、「やれる、できる」という実感をもつことで、自分の心を変えることです。
 両親に感謝し、不安や呟きの代わりに讃嘆を、陰気の代わりに希望に満ちた明るさを心に、自分の信じた医学への道に前進してください。あなたなら必ず合格できます。

(生長の家室蘭教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成19年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲