TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 夢に反対する親を説得するには?

僕は旅をするのが好きで、高校生の時に列車で日本を一周しました。夢はユーラシア大陸を横断することです。大学を出たら東南アジアを1年ほどかけて歩きたいと思いアルバイトをしてお金を貯めています。でも親は就職活動をしろとか、真剣に将来のことを考えろとかと言って批判的です。僕は誰にも迷惑はかけていないし、親の言いなりにはなりたくありません。今は仕事のことよりも夢の方が大事です。親をどう説得すればいいのか教えて下さい。
(I・D、21歳、男性)

回答 正しき希望は必ずかなえられます

回答者:岡田 伊都子(生長の家本部講師補)

「旅が好き」って素敵ですね。旅は、その時その場で出会う人々や出来事から学んだり、周りの自然からも何かを感じとる機会を与えてくれます。そんな様々な体験は、あなたの人生に必ず豊かな実りをもたらしてくれることでしょう。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は「若きと老いたるとを問わず 兄弟よ 夢を描け」とおっしゃっています。人類だけが夢を描く能力を神様から与えられているといっても過言ではなく、夢を持つことは大変素晴らしいことです。
 では「夢」とは何かといえば、「魂の底深くからの願い」のことです。
 その夢や希望を実現するには、もちろん具体的な努力も大いに必要ですが、一般的には積極的な言葉を使って、自己暗示を与えることが実践されています。生長の家では、「言葉の創化力」と呼んでいて、言葉には物事を生み出したり、変えていく力のあることを認めています。
 さらに、「既に得たり」との深く強い信念が大切です。夢を実現する四段階として、①その夢を愛すること、②その夢が実現するという信念を持つこと、③その夢を実現せしめる能力が自分にあるという自覚を持つこと、④夢を実現するための具体的な手続きを計画すること—という米国の光明思想家・マン女史の方法を、谷口雅春先生は『新版 栄える生活365章』(日本教文社刊、313ページ)で紹介しています。

本来の「愛の世界」に振り向きましょう

また、正しき希望と云うものは必ず叶えられることになっているのである」『新版 真理』(谷口雅春著、日本教文社刊)第10巻99ページに書いています。さらに、先生は、正しい希望とそうでないものとの相違は、「自分の希望がかなえられる事によって、他の人も都合がよくなるものだったら『正しき希望』である」と教えて下さっています。
 あなたは「親をどう説得すればいいか」とお尋ねですが、「親は僕の夢に批判的」で、親と自分の意見は対立していると感じていること自体が問題なのではないかと、私は思います。もし、親の言う通りにしたら自分の夢は実現できないと考えているようでしたら、それは正しくありませんね。
 親は子供の幸福を一心に願っています。子供の喜んでいる姿を見て、親は幸福感に満たされるものなのです。本当は、あなたの夢もご両親の気持ちもどちらも生かしていける、調和した「愛の世界」「神様の世界」「本来の世界」があるのです。ご両親の態度やことばの表面だけを見て判断するのではなくて、ご両親の本心を観る(知る)ようにすることをお勧めします。
『聖経版 真理の吟唱』(日本教文社刊)の、「正しき希望成就のための祈り」に、「私の希望することはすべての人々を悦ばし、すべての人々を幸福にし、そして私自身もその希望の実現によって生き甲斐を感ずるのである」(86ページ)とあります。あなたの心の方向を「本来の世界」へ振り向けることだけで全てが解決します。
 生長の家では、「神想観」といって、本当の世界を心で観る「座禅的瞑想法」があります。また、心の習慣性を変えるには、合宿形式で生長の家の真理を学び、実践する練成会 に参加されることが最善でしょう。練成会では、神想観も教えてくれます。それがあなたの「夢」の実現への一番の近道だと思います。
 真の意味で、あなたの「夢」が実現することを心から応援しています。

(生長の家宇治別格本山)

このQ & Aは、『理想世界』平成19年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲