TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 子育てと勉強を両立させて夢を実現したい

7年前に結婚し、二人の子ども(5歳、3歳)がいます。私には夢があり、大学院で心理学を勉強して産業カウンセラーになり、社会に貢献することです。2年前に大学院を受験したとき、面接で「あなたは入る実力がありません」と言われてしまい、とてもショックでした。しかし諦められず、子どもを保育園に預けて再受験したいと思っています。けれど、子育てに時間が取られて勉強がはかどらないうえ、主人は子育てに力を入れてほしいと受験に批判的です。子育てと勉強を両立させて夢を実現したいのですが、私はどうすればいいのでしょうか。
(H・J、29歳、女性)

回答 夢を実現させるためには、正しい手順を踏んで目標に到達することが大切です

回答者:大塚 裕司(生長の家本部講師)

二人のお子さんを育てながら産業カウンセラーになって、社会に貢献したいとの夢を持たれているあなたは素晴らしい方だと思います。私は結婚した後、海外へ旅行したことをきっかけに、将来、外国で仕事をしたいという夢を抱きました。17年の歳月を経てその夢は叶いましたが、そんな私のささやかな体験からアドバイスしたいと思います。
 あなたの悩みはいかにして「子育て」と「勉強」を両立させるかということだと思います。ご主人が勉強に批判的なのは、きっとあなたが「勉強」に夢中になって、家庭のことがおろそかになりはしないかという不安があるからでしょう。
 またひょっとしたら、ご主人は自分のことをかまってもらえなくなる(笑)ことが心配なのかもしれません。そうするとあなたの悩みは「“今”を生きる」「時間を上手に生かす」ということに解決の糸口があるのではないでしょうか?
 夢を描くことは素晴らしいことだと思います。人類は常に夢を描き続けることによって未来を切りひらいて来たと言えるでしょう。しかし夢を実現させるためには道程みちのりが必要です。つまり正しい手順を踏んで目標に到達するということが大切です。

“今”に感謝して暮らすことが、夢を実現させる鍵

今のあなたにとって一番大切なことは母親として二人の子供を立派に育て上げ、夫と共に明るい楽しい家庭を築くことです。産業カウンセラーになるという夢に捉われるあまり、今与えられている幸福を壊してしまうような生き方には反対です。
 しかし家庭生活を大切にしながら、同時にあなたの夢を実現する道があるはずです。いえむしろ“今”に感謝して暮らすことの中に、将来の夢を実現させる鍵が隠されていると思うのです。
 次のことを実践されるときっとあなたの夢は叶います。

① 自分の夢を具体的に紙に書き出して見えるところに貼る。(冷蔵庫の扉などが良い)
② 夢の実現に向けてスケジュールを立てて時間を生かす工夫をする。(『日時計日記』(生長の家刊)をつけることをお勧めします)
③ 夫や子供達があなたのサポーターです。家族へ常に笑顔と感謝の言葉を忘れないこと。
④ 毎日一定時間、こころを静めて神へ祈る。

 人生には時間がかかっても焦らずに、真心の階段を一歩一歩のぼらなければならない時期があります。そんな時には、それまで気づかなかった人の優しさや励ましにも気づくことでしょう。夢を諦めずに努力を続けてください。きっと一番ふさわしい時期に受験のチャンスが巡って来ます。そしてあなたがこつこつと努力される姿勢がお子さん達の人生にも良き影響を与え、またそんなあなたをご主人も誇りに思うことでしょう。
 最後になりますが、あなたの夢は「社会に貢献したい」という愛の動機で描かれたものですから、あなたの内に宿る内在の神がそれを応援しないはずはありません。毎日一定の時間、眼を閉じて静かに神を想う神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)をされると夢を実現する信念がつちかわれます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成20年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲