TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 夢を実現したいが、家族が反対します

私は将来、料理教室を開くのが夢で、調理師の専門学校へ行って本格的に習いたいのです。しかし授業料が高額だからと家族から反対されます。以前、私はいろんな資格を取ろうとして、お金をつぎ込んだことがありました。その頃、私はうつ病だったこともあり途中で投げ出してしまったのです。母からは家族のために毎日、料理や掃除をしてほしいと言われています。でも私は病気が良くなり、夢が出てきたのです。もちろん家族に心配をかけるのはイヤです。自分が夢を持っていきいきと生きて、家族にも喜んでもらうにはどうすればいいのでしょうか。
(N・T、28歳、女性)

回答 夢の実現のためには、明るく前向きに生活をして、応援者となる身近な人を幸せにすることが大切です

回答者:大沼 由美子(生長の家本部講師補)

病気が回復され、夢ができてきたのはとても素晴らしいことですね。N・Tさんにとって「夢を実現する」とはどのようなことでしょうか?
 私は、高校卒業後、憧れだったブライダルプロデューサーになるべく、ブライダルビジネス科のある専門学校に通い、2年間勉強し、専門の資格も取り、希望通りの職業に就職しました。まさに私にとっては描いたとおりに「夢が実現した」のです。
 しかし、憧れの仕事に実際に就いてみると、今まで見えなかった大変な面を味わうことになりました。私はすぐに「やめたい!」と思いました。私は「憧れの職業に就くこと」が先決で、その職業についてからどうしたいのか? ということを考えていなかったのです。
 N・Tさんは、調理師になり、料理教室を開くだけでなく、料理の楽しさや素晴らしさを伝え、料理を通してたくさんの人を幸せにして、その人を見てまた、自分が幸せになる……そんな人生を歩んで行かれることをお祈りしております。
 さて、N・Tさんの夢をご家族が反対されるとのことですが、あなたが家族の幸せを願うように、ご家族の皆様もあなたの幸せを願っています。ご家族の言葉は、あなた自身の本当の幸せを思っての言葉だと思います。とりわけ、お母様が「家族のために毎日、料理や掃除をしてほしい」と言われるのは、自分の身の回りのことをしっかりと行い、夢を途中で投げ出して辛い思いをしてほしくないと思っているのではないでしょうか?
 ご家族の表面の態度や言葉だけではなく、ご家族の本当の気持ちを考えてみることが大切だと思います。
 また、お母様の言葉のおかげで自分自身の夢としっかりと向き合うチャンスをいただけたわけですから、お母様に感謝されるとよいかと思います。ご両親は子供の幸せを心の底から願っていますから、あなたが夢に向かってイキイキと生活している姿を喜ばないはずがありません。そして夢の実現のためには専門知識を勉強することだけがポイントではないのです。

夢の実現に協力する人が増えてくるために

それでは次に夢を叶えるポイントを整理してお伝えします。
● 今ある恩恵に感謝する
 その日の明るいことのみを記す『日時計日記』(生長の家刊)をつけ、今すでに与えられている環境、能力に感謝しましょう。
● より多くの人の役に立つ夢を描く
 多くの人のお役に立つ夢は、多くの人から応援される夢です。
● 夢をできるだけ具体的にありありと想像する
 神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)を実修し、本当の素晴らしい神の子の姿を観ること。そして「すでに○○は実現しました」との完了形の祈りをしましょう。
● 常に明るいよいコトバを使う
 明るいよいコトバはよい運命を創り出します。

まずは、あなた自身が毎日を明るく前向きに生活し、一番の応援者となるあなたの身近な人を幸せにすることです。やがてあなたの夢の実現に協力する人が増え、夢が実現します。そして、その夢が実現することでたくさんの人の役に立ち、たくさんの人に喜びを与え、それがあなたの幸せになるのです。
 このように幸せがどんどん増える、素晴らしい人生を歩まれますことを心からお祈りしております。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲