TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 どこに希望の光があるのでしょうか?

高校卒業後、社員が40名足らずの事務機を扱っている会社で営業の仕事をしています。昨年から夏と冬のボーナスはカットされ、今年4月からは給料も2割カットになってしまいました。今の会社も今後どうなるかわかりません。そして将来のために簿記学校へ通うことは金銭的に無理になりました。このままでは自分の将来に希望が持てません。僕は何に光を求めて生きていけばいいのでしょうか。
(22歳、男性)

回答 潜在意識の中を感謝のコトバで満たしましょう

回答者:西村 誠(生長の家本部講師補)

マスコミ報道で不況といわれる昨今、ボーナスカットやリストラの不安がある中でのお仕事は、精神的にも肉体的にも大変ご苦労が多いと思います。そのような状況でも簿記学校へ通うことを望まれるあなたは、向上心を持った誠実な方であるとお見受けいたします。
 まず「仕事」をどのようにとらえるかが大切です。仕事をすることを「働く」といいますね。働く(はたらく)とは、「傍(はた)を楽(らく)にする」、つまり「周りの人々を楽にする」のが仕事の本質なのです。自分がその仕事をすることで、人々のお役に立ち、楽を与え、喜びを与えることが第一で、その相手の喜ぶ姿が自分自身の喜びとなり、結果的に、富にもつながるようになります。ですから、今、お金があるとかないとかということは、それほど問題ではないでしょう。
 生長の家では、“人間の本当の姿は神の無限の生命そのものであり、その無限の能力と可能性を内に有するため、すべての人間が尊く、個性あるかけがえのない存在である”と説いてます。
 また、私たちが住むこの世界は、「心でつくる世界」であり、運命も境遇も自分自身の心、つまり、コトバ(言葉)が造っていくのです。コトバというのは、発生音だけでなく思念と表情も含めたものを指します。

すでに与えられている恵みに感謝する

あなたの周囲に、「自分は運がいい」とか、「運が悪い」などと言っている人はいませんか?  偶然に採用試験や受験に合格したと思っても、実は偶然ではありません。合格も不合格も、自分自身の心がその方向に向かって行動しているのです。
 心は、現在意識(顕在意識)と潜在意識に分けられます。現在意識とは、自覚している意識。これは全体の意識の約五パーセントを占めるといわれています。残りの約九十五パーセントは、隠れていて自覚できない潜在意識です。この中に、これまでの自分の言動(コトバ)がパソコンのハードディスクに保存されたデータのように、すべて記録されています。そして、潜在意識にインプットされたコトバの通りに人生は展開していきます。
 人生を生き甲斐がいのあるものにするためには、まず、心の眼を開いて、仕事や健康、家族などのすでに与えられている、今の恵みに感謝することが大切です。感謝できることを一つひとつ発見し、明るい気持ちで生活することによって、潜在意識が感謝のコトバで満たされます。運命も境遇も必ず、感謝できる方向へ好転していくに違いありません。

このQ & Aは、『日時計24』vol.4に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲