TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 時間にルーズでいつも迷惑をかけている

時間を守れなくて困っています。待ち合わせ時間にはいつも遅刻し、友だちから信用をなくし、何人も離れていってしまいました。彼氏にも逃げられました。約束したときは、今度こそは絶対に大丈夫! と思うのですが、いつも、いざその時になると、いろんなことに追われてしまい、家や会社を出るのが遅くなってしまいます。そんな私ですから、仕事にも自信がありません。これは性格だから直らないのでしょうか。
(21歳、女性)

回答 自己肯定する心が自分を変えていきます

回答者:田中 道浩(生長の家本部講師)

大丈夫です。必ず変われます。なぜなら、あなたは時間を守れるようになりたいと思っているからです。人間は自分にできないことは、そうなりたいとは思いません。空を飛びたいと本気で思っている人はいません。だから二階から飛び降りて、空を飛ぶ練習をする人もいません。この肉体を使うだけではできないと知っているからです。
 その反対に、もっと勉強できるようになりたい、仕事ができるようになりたい、優しくなりたいと思うのは、自分にできるからこそ、そう思うのです。
 まず、自分は時間を守ることができるんだ、と信じることから始めましょう。できないと信じていては、いくら努力してもできません。なぜなら自分でできなくさせてしまうからです。あなたは“神の子”ですから、必ずできます。
 できるという心をつくっていくためには、自分は素晴らしいと自己を肯定する心を持つことが大切です。生長の家では現在『日時計日記』(生長の家刊)という日記を書くことを勧めています。これは、日常の生活で感じる嬉しいことや良いこと、また感謝の言葉やこれからの希望、願いなどを書く日記です。毎日小さな喜びを書き続けることによって、足らないところに目を向けるのではなく、既に与えられている恵みに目がいき、自分の心が感謝や喜びで満たされ、自己肯定感が湧いてきます。
 その自己肯定感が生まれてきた時、あなたの人生は自分の思いを実現する(肯定する)方向に動いていきます。そして、その日記に、既に時間を守ることができている自分である、という言葉を毎日書いていきましょう。毎日書き続けていくと、コトバの力によって自分にはその力があるという実感が湧いてきます。そうすると、その思いを実現する方向に行動も変わってきます。
 あなたの心は今、否定的な思いが充満してきているのでしょう。しかし、過去は過ぎ去ったもので、これからもその通りであるとは決まっていません。未来は今の心が創っていきます。
 まずは、自分の心を否定的な思いから、感謝のコトバの力によって肯定的な思いに変えていきましょう。
 そして、日常生活において、約束をした場合、まず目的地に余裕を持って到着できるよう出発する時間を決めましょう。
 次には、出発するために一番先にしなければならないことから始めましょう。今しなくてもよいことをやっていたり、先にしなければならないことを後回しにしていることはありませんか。物事に優先順位をつけ、重要なものからやっていく習慣を身につけるのです。
 規則正しい生活を送りながら生長の家の教えを学べる練成会が全国各地で開催されています。この練成会に参加されることをお勧めします。そして、あなたが自信に満ちた生活を送られることをお祈りしています。

(生長の家青森教区教化部長)

このQ & Aは、『日時計24』No.9に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲