TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 人前で話すのが大の苦手、その度に自信を失っていきます

僕は元々無口な方で、自分から人に話しかけることができません。ましてや人前で何かを話すなんてすごく勇気がいります。でも、学校やボランティアの仲間の前で話す機会がだんだん増えてきて困っています。五、六人の前で話すときも緊張してしまい、体が震えそうです。以前は軽蔑していたおしゃべりの人が、今ではうらやましくなります。どうすれば人前で緊張せず、普通に話せるようになれるのでしょうか。
(H・S、男性、大学2年)

回答 大丈夫です! あなたは話せるから、話せるようになりたいと思うのです

回答者:久保田 達也(生長の家本部講師補)

あなたはなぜ話したいのでしょう? まず、そこから考えてみたいと思います。
「学校やボランティアの仲間の前で話す機会がだんだん増えてきて困っています」と書かれていますが、なぜ話す機会が増えたのでしょう?
 それは、あなたがその学校で学ぶことや、ボランティアをすることを選んだ結果ですね。それと今の悩みとは直接関係がない、と言うかも知れませんが、私には一番大切なことのように思えるのです。
 なぜなら、あなたが学校やボランティアなどで経験していることは、あなた自身が選んだ結果だからです。まず、それを自覚することが、今抱えている問題を解決する鍵ではないでしょうか。
 あなたの人生に起こることは、自分自身が成長のために選んだこと、と前向きに捉えることが大切です。そのように自覚することが、あなたに自信と勇気を与えてくれます。なぜなら心の持ち方次第で、私たちの人生が変わっていくからです。
 実は、そう言う私も人前で話すことが苦手でした。なのに、今では講壇に立って、生長の家の教えを一時間半くらい話すことが重要な仕事の一つになっています。なぜ、できるようになれたのだろうかと、自分自身を振り返ったとき、生長の家本部職員になったばかりの頃、ある先輩と帰りが一緒になり、こんな会話をしたことが思い出します。
 「あなたは講師になるの?」
 「いや、話すのが苦手で……」
 「そう? でも話せたらいいと思うでしょう?」
 「はい」
 「話せたらいいと思うのは、話せるからだよ」
 正直いって、その時は「そんなことを言われたって苦手なものは苦手!」という感じでした。今ではその先輩が正しかったことが分かります。
 とはいえ、今でも話すのが苦手なことは変わりません。それでも何とか話せているのは、話す内容が聞き手にとってとても大切なことだと思うからです。
 ですから、話せるようになるための第一歩は、あなた自身が本当に話したいこと、人に伝えたいことは何かを見つけることです。相手に何を伝えたいかがはっきりと見えてくれば、つっかえようが、口ごもろうが、その思いがかなえられ、話す喜びが得られるようになります。
 生長の家では、「人間は皆、神の子で、無限の能力が既に宿っている」と教えています。これは真理です。その「無限の能力」を引き出すかぎは、前に述べたように、人生において起こることは、自分を成長させるために自ら選んだのだと強く自覚すること。そして、その場を与えてくれた人たちに感謝することです。感謝の心が、あなたに宿っている無限の力を引き出してくれます。あなたは「やれば出来る」から、話せるようになりたいと思うのですよ。
 最後に、緊張するのは悪いことではありません。私もいまだに緊張します。大事なのは上手に話すことではなく、自分の伝えたいことが確かに伝わることです。

このQ & Aは、『日時計24』No.15に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲