TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 何か特技をもちたいのですが、どうすれば見つけられますか?

大学卒業後、一年就職浪人して昨年四月からある中小企業に就職しました。普通の事務職で誰にでもできるような仕事です。この不景気の中、今の会社はいつ倒産してもおかしくなく、先輩社員は賞与が出るだけまだマシと言って、将来性を期待していません。倒産したときのために転職に役立つ技術、資格を今から身につけようと思っているのですが、「特にこれをしたい」というものはなく、ただ漠然と思っているだけです。どうすれば自分が打ち込める技術などに出合うことができるのでしょう。これも心の持ち方次第で見つかるのでしょうか?
(N・R、25歳、男性)

回答 人のため、世のために必要な資格なら、あなた次第で見つかります

回答者:川良 隆造(生長の家本部講師補)

手に職をつけたいと思うのは、とても素晴らしいことだと思います。私も以前、赤字経営の会社に勤めていた経験がありますので、あなたの前途多難な気持ちが、痛いほど伝わりました。また、「賞与が出るだけまだマシ」という先輩社員の方も、あなたと同じような思いを抱いておられることと拝察します。
 会社が倒産するかもしれないという不安もあるでしょうが、せっかく何かの技術を習得したいと、前向きになっているのですから、その気持ちを大切にしてください。
 生長の家では、「人間は神の子であり、本来完全円満である」と教えています。人間の本来の姿は神の子であるから、生きるために必要なものは全て与えられている、ということです。そして私たちの命は、人のため、世のために力が発揮できるように創られているのです。
 今、あなたが大切にしなければならないことは、「転職に役立つ技術、資格」の取得ではなく、何らかの縁があり、世話になっている現在の会社のために何が出来るかを考えることです。もし、全社員が倒産ばかりを考えていたら、本当にその通りになってしまいます。「与えよ、されば与えられん」という心の法則があり、与えた分だけ、必ず自分に返ってくるものです。
 自分のためにという気持ちでは、本当に打ち込める資格は見つかりません。人のため、世のために自分ができることは何かと考えたとき、あなたに相応しい資格が見えてきます。

両親に感謝の気持ちを伝えましょう

 ここで、『伸びゆく日々の言葉』(前生長の家総裁・谷口清超著、日本教文社刊)から、「人生を選ぶ」と題された言葉を紹介しましょう。

「人はある環境に生れてくると、いやおうなくその環境の影響をうける。それは人がある学校のクラスに入ると、その雰囲気に影響されるようなものである。もしそれだけでは、人間の自主性はどこにも見当たらない。実をいうと、人はある環境を選んで生れてくるのだ。それは人がある学校を選んで・・・入学するようなものである。それ故、あなたの生れた家庭は、あなたの学校のクラスのようなもので、あなたに丁度ふさわしいのだ。人はこの地上に『学習する』ために生れてくる。一回だけでなく、何回も生れかわる『死なない人間』である。この不死不滅が分からないと、人間の本当のよさ・・も分からないだろう」(25ページ)

このように、今の環境が自分にとって困難な状況であっても、今までのあなた自身の思いや行いの結果として、そうした課題が現象的に与えられているのです。それらは映画のようなものですから、あなたが心で描く脚本次第で、その映画のストーリーはいくらでも変えられ、問題は解決できるのです。
 生長の家では、人生を「学校」とも表現しています。私たちは人生学校に「学習する」ために生まれてきたのですから、まず、あなたをこの世に生み出してくれた、かけがえのない恩人である両親に感謝の気持ちを伝えましょう。それが運命を好転させる鍵となります。

このQ & Aは、『日時計24』No.20に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲