TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 流産のショックから立ち直るには

三カ月前に流産をしたあと、情緒不安定の状態が続いています。長らく不妊治療を続けてきたので、そのショックも大きかったかもしれません。情緒がひどく不安定で、マンションの部屋から飛び下りたくなったり、不眠が続いたりしています。仕事や家庭のことが手につかないときもあり、このまま生きていても無意味に感じるのです。この状態をどうしたらいいのか、不安でたまりません。どうすれば明るく立ち直ることができるでしょうか。
(A子、37歳)

回答

回答者:白金 辰子(生長の家本部講師補)

ご心痛、心からお察しします。今は生きがいをなくされているのも、無理からぬことと思います。
 生命の誕生は、人間わざではありません。子どもの魂は、その子自身の内部神性が導くままに、親を選び、宿ってくるのです。それは、この地上での学びのためです。短い期間でしたが、あなたの赤ちゃんは、あなたを親として選んで宿ったことが学びであったようです。ですから神様の御元みもとに戻っても、あなたのことを母として慕わしく思っていますよ。もう悲しまなくていいのです。あなたのなすべきことは、わが子がいっそうよく学べるように祈り、心から慈しみ供養してあげることです。
 生長の家青年会にKさんという女性がいました。Kさんは何度も流産を繰り返し、半ば自暴自棄になっていました。Kさんの嘆きを聞いて、私は彼女に自分の産んだ子だけをわが子と思わずに、女性の天分としての母の心で、生長の家の「ヤングミセス」(既婚女性のグリープ)に集う仲間の子どもたちをお世話して下さいとアドバイスをしました。
 Kさんの心情からすれば、それは簡単なことではなかったのですが、彼女は生長の家青年会のヤングミセスのお役を引き受け、子育て中の若い母親たちが生長の家の真理を学ぶためのお世話活動をはじめました。Kさんのまわりにはいつも大勢の子どもたちが遊んでいました。
 それから一年後、なんとKさん自身が妊娠したのです。女の子が生まれ、さらに二年後には男の子が生まれました。その報告を聞いたとき、まさに「神は愛也あいなり」であり、愛を出すところに神があらわれ、祝福して下さると感動しました。
 さあ、あなたも泣きぬれた顔を上げて、今あなたのできる場で愛を表現して下さい。今あなたに与えられたすべての恵みに感謝して下さい。これこそが、あなたが悲しみから立ち直るための、最良の処方箋なのです。

(生長の家本部練成道場勤務)

このQ & Aは、『白鳩』No.26に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲