TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 定年後うつうつとした日々に。老後を楽しむには?

1年ほど前に定年退職し、年金暮らしになりました。それなりに収入もあり、一人娘に2人の孫もいて、妻との暮らしも円満です。しかし、生き甲斐がないのです。ヨガだ、エアロビだと忙しい妻に比べ、無趣味で人との付き合いも下手な私は、家に閉じこもりがち。うつうつと日々を過ごしています。もっと溌剌はつらつと老後を楽しみたいのですが……。
(Y・K、66歳、男性)

回答 自分の今の境遇に感謝し、人が喜ぶことをしてください。

回答者:吉岡 末男(元生長の家本部講師)

無事定年退職され、現在は娘さんとお孫さんに囲まれ、奥様と円満な毎日を過しておられる様子が目に浮かぶようです。まずはこのことに感謝しなければなりませんね。世の中には、定年退職後に新しい事業を始めたり、趣味に生きるなどして第二の人生を満喫している人も多くいる半面、暮らしに困ったり、離婚して一人暮らしを余儀なくされているような人もいるからです。
 あなたは、うつうつと日々を過ごしているとのことですが、それは、自分が置かれている環境に不満を持っているからであり、生き甲斐が感じられないというのも、自分自身に対する不満の現れではないかと思います。
 では、その不満はどこからくるのでしょうか。
 人は常に「誰かの役に立ちたい」という願いを持っていて、その思いが充分満たされない時にうつうつとした気持ちになるものなのです。  そうした状態から脱するための第一歩は、日常生活の中で、小さくても人の役に立つことをするのが大切だと思います。家の部屋の掃除とか、食後の皿洗い、あるいは近所の道路の掃除、ゴミ拾などをまず始めてみてください。
 それに、ボランティア活動などにも挑戦して見てはいかがでしょう。近くの市区町村役場には、そうした窓口がありますから、ぜひ足を運んで見て下さい。人に喜ばれることを無心で行うと、そこから思いがけない喜びが生まれてくるものです。
 また、無趣味だと嘆いておられますが、趣味は自分で作るものですし、その気になれば、いつでも自分に合った趣味を探すことができます。
 私は現在75歳で、あなたと同じ年金暮らしですが、子供の頃からの「絵描きになりたい」という夢を実現しようと、月2回、近所の水彩画のサークルに通って楽しく絵を描いています。1年に何回かは展覧会にも出品して腕試しをしており、将来は個展を開くという希望も持っています。
 長寿社会の今、あなたの年齢ならまだ老後とは言えません。せっかく時間があるのですから、家に閉じこもったりせず、朝目覚めて天気がよければ、近所の公園にでも散歩に出かけてみてください。朝、澄んだ空気を吸い、風に吹かれれば、気持ちが晴れやかになります。
 生長の家では、「人間には無限の可能性がある」と説いています。今、恵まれていることに感謝し、人のためになることを続けていけば、きっと新しい道が開かれます。

このQ & Aは、『いのちの環』No.29に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲