TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 ネガティブのループから抜け出したい

昔から後ろ向きな性格で、嫌なことがあったりして一度スイッチが入ると、物事を悪い方にしか考えられなくなります。先日も友人から「ネガティブだね。こっちまで暗くなる」と言われてしまいました。とてもショックを受け、気晴らしにテレビをつけてみても、暗いニュースばかり流れてきて、よけいに気持ちが暗くなってしまいます。どうしたらもっと明るい考え方ができるようになるでしょうか。
(H・Y、21歳、女性)

回答 よかったことだけを思い出して日記に書きましょう。

回答者:菊池 光珂みか(生長の家地方講師)

あなたが「もっと前向きな考え方ができる自分になりたい」と思うのは、私たち人間が一人の例外もなく、皆「神の子」で、本来明るく、前向きな考え方の持ち主だからです。
 まだ、歩けない赤ちゃんが、何回転んでも立ち上がって、やがては歩けるようになるのは、まさに前向きな証拠ですよね。あなたも本来、前向きで明るい考え方が出来るのに、これまで育ってきた環境や経験の影響で、マイナス思考になっているようにみえているだけなのです。まずは本来、明るい考え方ができる自分なのだということを信じ、認めて下さい。そうすれば必ず大丈夫です。

小さな選択が大きな結果を生む」

ところで、私たちは毎日の生活の中で、常に何かを「選択」しながら生きています。「どんな行動をとるか」「どんな言葉を発するか」「どんなことを思うか」など……。それらは、意識して行うものもあれば、どちらかと言えば無意識のうちに行っていることも多いかもしれません。
 そのように何を選んでもいいという「自由」を、私たち人間は神様から与えられています。このちょっとした選択の積み重ねが、自らの人生をどのようなものにするか、さらにまた、大きくはどのような世の中を作り上げていくかということにまで影響するのです。
 神様から命をいただいて、こうして生かされている私たち神の子は、やはり神様の御心みこころである、明るく前向きな方を常に選択し、明るく幸せな人生を、そして、平和で大調和した世の中を築いていく使命があります。 だから、物事を選択する場合は、意識して明るい方、前向きな方を選択していくことです。たとえ最初はうまくいかなくても、うまく出来ない自分を責めることは絶対にしないで、あきらめずに絶えず「続ける」こと。この「続ける」ということが、特に大切です。少し時間はかかるかもしれませんが、「続ける」ことで、いつの間にか出来るようになります。そうすると無意識に選択することも、自然と明るい方を選択できるようになっていきます。
 また、正しいことを選ぶことも大事です。テレビや雑誌、ネット上などには様々な情報が氾濫はんらんしていますが、本当に正しい情報、ものごとの真理に触れる機会はほとんどありません。ぜひ生長の家の書物を読んだり、講習会、誌友会(生長の家の教えを学ぶ小集会)などに参加されることをおすすめします。

「コトバの力」の活用で、自分が輝きだす

そして、まずは明るい「コトバの力」を使いましょう。この「コトバ」には、口から出る言葉、文字に表す言葉だけでなく、行動、表情、心のなかで思うことも入ります。明るく前向きな言葉を使う、大きな声で挨拶をする、ちょっとしたことでもお礼を言う、姿勢をピンと伸ばす、目を大きめに開く、口角を上げてほほえむ、声を出して笑う、ゴミを拾う、人に親切をするなどです。
 そして、今日あった出来事の中で、良かったことだけを思い出したり、自分の良いところを見つけ出したりして、それを日記に書きましょう。生長の家では、よいことのみを記す『日時計日記』(生長の家刊)がありますので、ぜひ活用してみてください。何か一つでも実行し続けることで、必ず、本来明るい、本当のあなたが輝き出しますよ!

このQ & Aは、『日時計24』No.46に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲