TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 仲間の前で、明るく振る舞えない自分を変えたい

三年間同じクラスなのに、未だに打ち解けられていないクラスメートがいますし、お弁当を一緒に食べる仲間にすら、明るく振る舞えていません。いざ話そうとすると緊張してしまい、何を話せばいいか分からなくて、申し訳ない気持ちになってしまいます。そんな自分から脱却したいです。
(高校3年、女子)

回答 まず友人に感謝するところから始めよう

回答者:池田 達輝(生長の家本部講師補)

クラスメートと打ち解けたいというお気持ちは、よくわかりました。きっとあなたは、仲間を大切に思う心の優しい方なのですね。
 今の自分から脱却したいとのことですが、何も心配することはありません。既にあなたの中には、問題を克服するための力が備わっているからです。そのことは、あなたの言葉の中に充分表現されています。自分の明るさを知らなければ、明るくなろうとは思いませんし、相手を思いやる心がなければ、申し訳ないという気持ちにもなりません。理想の自分の姿を描けない人は、今の自分から脱却したいとは考えないものです。
 ですから、あなたはもう確実に、理想の自分に向かっているのだと思います。大切なのは、あなたが本来持っている理想を見失わないようにすることです。

感謝を表現する練習を

では、どうすれば理想の自分を表現できるでしょうか。それにはまず、あなたを理想の姿へと高め上げてくれる友人がいてくれることに感謝することです。毎朝、感謝を込めて、友人に明るく挨拶しましょう。感謝が表現されるところに、不調和な姿は現れません。
 さらに感謝の心で、友人の良い所をこれまで以上に見つけてみてはいかがでしょうか。そして直接相手に伝えましょう。もし難しければ、ノートに毎日書き留めるのです。表現するには練習が必要ですから、毎日練習することで上手くなります。感謝の思いが、心底から表現されるようになれば、おのずと問題は解決へと導かれていきます。

明るく調和した姿を祈る

生長の家では、「人間は神の子である」と教えています。つまり、あなたは本来、無限の可能性を持った完全円満な素晴らしい存在だということです。さらに学校の友人も、先生も、家族も、すべての人が「神の子」なのです。ですから、あなたと同じように、すべての人が心の奥底の願いとして、明るく調和した関係を望んでいるのです。なぜなら、明るく調和した姿が本当の姿だからです。
 生長の家では、独得の座禅的瞑想めいそう法である神想観を 毎日一定時間実修することをお勧めしていますが、その神想観の中に「和解の神想観」という祈りがあります。まず互いをゆるし、愛し、感謝し、神において一体であることを思念し、最後に相手の幸福を心から祈るというものです。 神想観を続けるうちに、必ずあなたと友人との関係も素晴らしいものとなっていきます。お近くで開催されている誌友会などへご参加いただき、ぜひ実修方法を学んでください。

このQ & Aは、『日時計24』No.57に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲