TOP > Q & A > 希望を叶える

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの希望を叶えるには?

質問 舞妓さんに憧れているのですが……

将来、スポーツ選手を治療する医者を目指して中高一貫校に入学しました。ところが、夏の旅行で京都の先斗町ぽんとちょうを歩いた際に舞妓さんに出会い、深い憧れをもちました。両親には、医者になるため塾の高い授業料を出してもらっているのに、今になって「舞妓さんになりたい」と言えるような雰囲気ではありません。どうすればいいでしょうか。
(中学二年、女性)

回答 自分の天分にかなっているかを充分考えてみよう

回答者:長田 忍(生長の家本部講師)

 妓さんに憧れたとのこと、さぞかし美しい姿に目を奪われてしまったのでしょうね。美しい女性に憧れるのは、同じ女性として自然な感情です。
「舞妓さんになりたい」というあなたの願いが、生命いのちの底から湧き出てくる切なる本当の願いなのか、その場だけの思いつきなのか、それを確かめることが大切です。これからどんな人生を生きていくのかという、あなたの一生がかかった問題だからです。

夢について具体的に調べよう

 舞妓さんになるには、まずその仕事の内容や日常生活などをもっと具体的によく調べてみることが大切です。たとえば、あるインターネットの記事には、「本業は茶屋や料亭、旅館などでの接待。昔気質かたぎのつらい修行に耐え切れず辞めてしまう場合が多い」などと書かれているものもあります。
 さらに、自分の仕事としてやって行くには、あなたの性格や天分に適ったものであることが必要です。
 芸を身に付けるのはもちろん、お客を楽しませながら、相手に合わせた話のできることも必要で、また、心から人をもてなすことが好きでなければなりません。
「ひいき」と言って、自分を引き立ててくれるお客をいかに多くつくるかという人気商売の面がありますから、他人との競争にも打ち勝つような、強い心をもつ必要もあるでしょう。
 すでに自分が舞妓さんになってお座敷ざしきへ上がり、毎日お客を喜ばせているところを心にありありと思い描いて見て、そんな自分に生き甲斐を感じることができるかなど、自分の天分に適ったものかを十分判断した上で、ご両親に相談することです。

医者を目指した理由を振り返ってみよう

 その一方で、あなたがお医者さんになりたいと思った理由を振り返ってみましょう。たとえば、あなたの性格を良く知るご両親が、あなたの天分に適っていると思って賛成して下さっているのではありませんか。それとも、お医者さんになりたいと思ったときの情熱は、もう冷めてしまったのでしょうか。
 今、勉強は楽しく順調にいき、成績は思ったように上がっていますか。友人関係も良好で、学校生活が楽しく満足していますか。
 ご両親との仲もよく感謝の生活をおくり、反抗などしていませんか。家庭内での心配や悩み、不安なことはありませんか。
 そしてもし、あなたが現状に何らかの問題を抱え、無意識的にそこから逃避とうひしたくて、「舞妓さんになりたい」という気持ちになっているのであれば、その直面している問題を、まず解決することが大切です。

このQ & Aは、『日時計24』No.72に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲