TOP > Q & A > 社会問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

社会問題に関するもの

質問 海外が身近になった今、「愛国心」をどう考えればいい?

これまで世界の歴史を振り返ると、愛国心の名のもとに戦争が行われ、それは今日でも続いています。愛国心は度が過ぎると排他的になり、逆に愛国心がないと、自分という存在が見失われてしまうように思います。国を愛することは大切だと思いますが、インターネットで世界の距離がずっと縮まり、外国ともますます関わることが増えていく時代に私たちは生きています。未来に向かって、私たちは「愛国心」をどのように理解し、外国の人たちとどう関わっていけばいいのか、指針を示して頂けますでしょうか。
(I・E、36歳、女性)

回答 他国の人も神の生命を共有する人間どうしであると理解し、愛を出し合うことが大切です

回答者:大塚 和富(生長の家本部講師)

『広辞苑』には、「愛国心」とは“自分の国を愛する心”と記されています。
 世界には二百を数える国があり、戦争をなくして平和な世界を築いていくことは、誰もが望んでいます。それには、それぞれがお互いの国の歴史や文化などを尊重し、共に生かし合いながら発展する道を模索して、「愛」を出し合うことが必要ではないかと考えます。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、ご著書『新版 生活と人間の再建』(日本教文社刊)の中で次のようにお示し下さっています。

「愛は、『多』の一元的統一・・・・・である。生命現象は如何いかにしておこるか。これは『多』の一元的統一によってのみ起るのである。(中略)『生命』が『多』に宿る時、そこには必ず『多』の一元的統一・・・・・がおこるのである」(121頁)

国には多くの人々が住んでおり、一人一人が個性を持ちながら家庭を構成し、団体や地域社会を構成し、国を構成しています。つまり「一」である国が争いのない平和な国であるためには、それを構成している「多」であるそれぞれが個性を尊重しつつ、お互いの善いところ、美しいところを認め合うことが大切です。
 そしてその考え方を発展させ、どこの国の人でも人間の肉体の形が一緒であることから、神の生命を共有する人間として共に生かし合う心を養い、日々の生活に愛を実践することが大切ではないでしょうか。そのような人々が構成する家庭や団体や国が多くなることが、世界に平和を実現することになると考えます。
 現在、地球温暖化という現象が起こっています。それは人間だけの欲望満足のために、地球上に共存する動物、植物などの生物を、人間だけの都合によって利用し、自然を破壊してきた結果であります。つまり、愛による「多」の一元的統一が行われなかったために、「一」である“地球”に環境問題が生じて、人間に不都合な状態を生みつつあるということだと思います。

「他」に対して一人一人が善いことを実践する

日本人は日本国の素晴らしさがどこにあるかをまず自覚することが大切です。紙面の都合で詳しくは書けませんが、神意しんいの地上顕現けんげんが日本建国の精神にあることを『新版 菩薩は何を為すべきか』(谷口雅春、前生長の家総裁・谷口清超共著、日本教文社刊)の「人類光明化運動指針の解義」第3条から第5条に示されていますので、お読みになることをおすすめします。
 日本人として生まれた喜びと誇りを持つことができますと、他の国の人々も皆、神の生命を共有する人間どうしであると分かります。またその国を構成する人々によって蓄積されてきた歴史や文化を学んで理解を深めることにより、お互いに発展する方向へと進むことができるのではないでしょうか。
 生長の家では「人間は神の子である」と説いています。現象として現れた肉体人間は皆それぞれ違いはありますが、私たちが生活する家庭や職場や地域社会で接する「他」に対して善いことをする深切を、日々、一人一人が実践していくのです。また、外国人に接した時でも、同じように深切を行い、愛を実践することが大切であると考えます。

(生長の家福岡教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成22年2月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲