TOP > Q & A > 環境問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

環境問題に関するもの

質問 友達にも理解してほしい

私にとってゴミはゴミ箱に捨てるのが常識でした。けれど、道にゴミを捨てる友達がいて、驚いています。その時、ポイ捨ては良くないことだと説明できませんでした。「ゴミを捨てる人がいるから、清掃業者が仕事を得ている。逆に社会のためになってる」という理屈を押し通されて、会話になりませんでした。もちろん、街の美化のために清掃業者は必要ですが、それとこれとは別です。友達とけんかするつもりもないし、どうしたら友達に納得させ、ポイ捨てをやめさせられるでしょうか?
(T・F、23歳、女性、東京都)

回答 言葉で納得させるのではなく、あなたが身をもって“拾う”という積極的な善を行いましょう。

回答者:吉田 憲司(生長の家本部講師)

「ゴミはゴミ箱に捨てるのが常識」——私もまったくその通りだと思います。それは私達だけでなく、多くの人が感じている事でしょう。では、なぜポイ捨てをする人がいるのでしょうか? それは、“私達の本当の姿や心は素晴らしい”という事を知らずにいることが原因だと思います。
 人に迷惑をかける、かけないにかかわらず、私達は日常生活の中で「面倒臭い」と感じることがあります。しかも本心からそう思っていると感じています。しかし、実は本心ではないのです。なぜなら、その心の中には必ず「こうしたら善いケド」という気持ちがあるからです。その「ケド」を取り去った心のほうが“本当の心”だと思いませんか?
 生長の家では、神は「善」であり、人間は神の子で、その本質もやはり「善」であると説いています。私たちの“本当の心”が、「こうしたら善い」と思っていても、“そのまま(本当)の心”を大切にすることに慣れていないと、自分に神の「善」があることを“忘れて”しまうのです。
 あなたの友達は常識がないのではなく、良心を“そのまま”行うという訓練が足りないだけなのです。本当は神の子であり、本心は「善を行いたい」と思っているけれど、「ケド面倒臭い」を選んでしまっただけなのです。

あなたの善行が友人の“本当の姿”を引き出す

生長の家総裁・谷口清超先生は『無限の可能性がある』(日本教文社刊)の中で次のようにお説きになっています。

「『善を行い悪をしない』ことが、この世に生をうけて第一に知るべきことであり、これが全ての正しい宗教の根本的教義である。それでは誰か悪いことをしている人を見つけて、その悪を攻撃し、相手をコテンパンにやっつけるのが善か——というと、それは本当の善ではない。『神の国』には、相手をやっつけるという行為や意志がないからである。悪は本来ないのであるから、悪を捜し出すより、“ただ善を行うこと”に熱中すべきなのである」(160ページ)

あなたがその友達とけんかしようと思わなかったにせよ、指摘されたことで、友達は「非難された」と思ったのでは? そして大なり小なり、「面倒臭い」を選んだことを「恥ずかしい」と感じたと思います。そうでなければ、清掃業者のためという苦しい理屈を言う必要がないからです。言葉で納得させようと思わずに、あなた自身が“捨てない”という事からさらに進んで、“拾う”という積極的な善を行うことに熱中されることをお勧めします。
 ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれないように、美しい道にするため普段から努力しているあなたの姿が、友人の本当の姿を引き出すきっかけになることでしょう。それでも友達は理屈を言ってしまった手前、またポイ捨てをするかもしれませんね。その時には黙ってそのゴミを拾ってあげて下さい。
 初めは驚くかもしれません、そして「やめて!」と言われるかも知れません。でも、「気にしないで。自分のためにやってるの」と他のゴミもついでに拾いながら、サラッと明るく言って下さい。勇気のいることですが、それが出来た時は喜びを感じるはずです。
 どんな善行も、必ず自分に返ってきます。あなた自身がまず光り輝くことが、美しく調和ある世界への第一歩です。あなたと友達の素晴らしい未来をお祈りします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲