TOP > Q & A > 環境問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

環境問題に関するもの

質問 地球温暖化の防止に取り組む意義がわかりません

最近、世間では地球温暖化ということをよく言っていますが、地球が温暖化して何か困ったことが起きるのでしょうか。以前と生活が変わったわけでもなく、私はどうも実感がわかないのです。温暖化がすぐに私たちの生活に影響してくるとも思えませんが……。また温暖化の防止のために個人に何ができるというのでしょうか。結局、一人が少し努力をしたところで、地球規模の出来事を変えていくのは無理ではないかと思うのです。生長の家は環境問題に取り組んでいるそうですが、その意義を聞きたいです。
(S・Y、19歳、男性)

回答 環境問題に取り組むことは、人間がより深い、心の豊かな生活を実現するための一歩でもあるのです

回答者:小田垣 太造(生長の家本部講師補)

あなたは、地球温暖化問題の特徴をよくとら えていると思います。私も、地球温暖化問題の特徴として次のようなものがあると感じています。
●地球温暖化の問題はじわじわ表面化してくる。大きな変化が突然あらわれることはまれなので、環境の変化を直接感じるような生活をしていない人にはわかりづらい。
●人類が長年にわたり地球環境汚染を続けてきた結果があらわれているので、いっぺんに回復することは難しい。
 しかし、このことからあなたの意見である、
①「温暖化がすぐに私たちの生活に影響してくるとも思えません(まだ影響はないのではないか)」
②「地球が温暖化して何か困ったことが起きるのでしょうか(起こらないのではないか)」
③「一人が少し努力をしたところで、地球規模の出来事を変えていくのは無理ではないか(だから何もしません)」
 と、この3点を推測してしまうのはどうでしょうか?。
 まず、①について考えてみましょう。身近な問題として、最近、食料品が値上がりしている事はご存知でしょうか。これは、いろいろ原因がありますが、地球温暖化が大きく関係しているといわれています。
 例えば小麦の世界的産地であるオーストラリア等において、大干ばつで雨がほとんど降らず、生産量が減っていることが響いています。また、世界の国々では異常気象が発生し、干ばつや豪雨・洪水が次々に発生しております。この事から食料危機が懸念されているのです。また大気中のCO2の濃度を調べてみると、規則的に上昇を続けています。
 ②については、このような状態がずっと続くとどうなるかを考えれば明らかです。食料を巡って、争いが起きるなど、人類の生存そのものに深刻な影響を与えることが懸念されます。現に東南アジアでは米不足のため、暴動が起こっています。また、もっと単純に、温暖化、つまり気温が上がり続けたらどうなると思いますか?
 次に③についてですが、個人では何も出来そうにないから何もしないというのは、自然破壊を止めないという行為なので倫理的にみても誤りと言えるのは明らかではないでしょうか。そして、私達は自然の恵みで生かされているのに、何も出来そうにないから、その自然を壊し続けるというのは、我々の生活を自らで壊し続けるという事に他なりません。

未来世代へ 美しい地球を残すために

それにしても、個人の力はそんなに無力でしょうか? マザー・テレサは貧しい人々を救う行為をたった一人から始め、それが世界に認められることになりました。
 日本でのことを言えば、襟裳岬えりもみさき の緑化の話をご存じでしょうか。森林伐採などにより砂漠化し、土砂で海が汚染され海産物の漁獲量が激減しました。しかし、たった一人から植林活動がはじまり、その輪が大きく広がって襟裳岬に緑がよみがえり、青い海が戻ってきたのです。多くの力の始まりは、いつでも一人の力なのではないでしょうか?
 これまで申し上げたことから環境問題に取り組む意義を確認しておきましょう。環境問題はすでに深刻な事態を世界中で現し始めています。環境問題に取り組むことは、未来世代に美しい地球を残すという重要な意義があります。また人間は環境問題によって、全ての生物を慈しむ必要性があることを学びました。環境問題に取り組むことは、人間がより深い、心の豊かな生活を実現するための一歩であるという前向きな意義を含んでいるとおもうのです。
 あなたも自分にできる事から始めてみて下さい。きっと心地よい喜びを感じることでしょう。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成20年10月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲