TOP > Q & A > 環境問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

環境問題に関するもの

質問 良いことでも、友人を失うことが恐くて言えない

地球環境のために役に立ちたいと思い、買い物をしたときにはレジ袋を断ったり、ゴミの分別に気をつけたりするようにしています。しかし友人たちの中には、ファストフードの袋を平気で道に捨てたり、電車内でお菓子のゴミを捨てたりする人もいて、人格を疑ってしまいます。やめてほしいと思いますが、友人を失うことが恐くて何も言えないのが現実です。こんなとき、僕はどうしたらいいのでしょうか。あと一歩の勇気がほしいです。
(M・T、19歳、男性)

回答 友達に合わせて行動するのではなく、すべてのものに感謝しながら、良いことを行っていくことが大切です

回答者:鈴木 幸利(生長の家本部講師)

あなたは、レジ袋を断ったり、ゴミの分別に気をつけるなど、若いのに素晴らしいですね。
 高二の息子にこの話をしたところ、さらりと「友達の捨てたゴミを何も言わずに自分で拾ってあげたら良いんだよ。自分が捨てたゴミを友達が拾ってくれるのは悪い気がするから捨てられないよ」と言いました。確かにそうだと思いました。息子はなかなか友達付き合いが上手で、いつもたくさんの仲間がいます。彼の口から友達を責める言葉をあまり聞いたことがありません。
 相手の意志を尊重しながら、自然体で自分流を通して生きていくのは難しいように思えますが、ポイントはいくつかあります。
「環境のことを考えて行動している私は素晴らしい人。ゴミを道や電車の中に捨てる友達は悪い人」と思いながら、友達を変えようと思ってもなかなか変わるものではありません。逆にあなたが恐れているように友達と気まずい関係になり、去っていくかもしれません。
 友達を悪いやつだと思って注意するのか、良い所をいっぱいもっている良いやつだと思って注意するのでは全く違った結果が出てきます。

言葉でいうより行動で見せる方がインパクトがある

私が就職して間もない頃、小さなゴミを何の気なしに指で丸めて床に捨てたのを、私の先輩は何も注意することなく自分で拾って捨ててくれました。私は「悪かったなあー」と今でもその光景を思い出すことがあります。言葉で注意するより行動で見せることの方がインパクトがあると思います。
 友達をああしなければいかん、こうしなければいかん、とあまり考えずに、明るい表情で、全てのものに感謝しながら、よろこんで環境に良いことを“ただ”行っていけばよいのではないでしょうか。そして、友達と一緒にコンビニに行ったときなどに「自分は○○の思いでレジ袋をもらわないようにしている」と言ったり、友達がゴミを捨てたら自分で拾って捨て、もし何か言われたら「私は○○だと思うので」とさりげなく環境の話をしたらよいのではないですか。
 友達もきっと分かってくれますよ。ゴミを捨てる友達も「ゴミを捨てることは悪いことだ」と分かっているはずです。なぜならみんなの中には「良心」(神の子)がちゃんとあるのですから。
 大切なことは、友達に合わせて行動するのではなく、自分が主体となって、明るくすべてのものに感謝しながら、自分が良いと思うことをどんどん行っていけば、友達もきっと分かってくれ、またそれに相応ふさわしい友達が新たにいっぱい出来てきます。
良いことをしている時は自分でしているようですが、神様があなたを通して行っているのですから自信をもって続けていってください。

(生長の家滋賀教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成20年10月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲